デリカシー

精選版 日本国語大辞典「デリカシー」の解説

デリカシー

〘名〙 (delicacy)
① 人の心、感情などの繊細さ。こまやかさ。
※穏健なる自由思想家(1910)〈魚住折蘆〉「其作に何等のしみじみしたるデリカシーを有しない事に依て」
② さまざまな事柄の取り扱いに細心の注意を要すること。微妙さ。
※追われる女(1953‐54)〈平林たい子〉笑う肉体「非合法商売のデリカシーから深く突っ込んでも聞かなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「デリカシー」の解説

デリカシー(delicacy)

感情、心配りなどの繊細さ。微妙さ。「デリカシーに欠ける振る舞い」「デリカシーのない人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android