コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンドロビウム デンドロビウム Dendrobium

6件 の用語解説(デンドロビウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デンドロビウム
デンドロビウム
Dendrobium

ラン科の1属。アジア大陸の熱帯を中心に,オーストラリアポリネシア諸島に約 900種があるセッコク属の学名 (属名) であるが,園芸界では特にヒマラヤからマレーシアに自生するコウキセッコク (高貴石斛) を母種として改良された多くの園芸品種をこの名で呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デンドロビウム(〈ラテン〉Dendrobium)

ラン科デンドロビウム属(セッコク属)の植物の総称。茎は節が多く、楕円形の厚い葉が互生する。花は白・黄・桃色などで、房状につく。熱帯アジアからオーストラリアに多数の種類が分布。園芸品種も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デンドロビウム

熱帯アジアを主として,オーストラリアから太平洋諸島に分布するラン科の一属で,日本のセッコクも含まれ,約1000種がある。いずれも着生で気根をもち,節のある茎(偽球茎)から花柄をのばし,花は側萼片と蕊柱(ずいちゅう)脚が合わさってメンタム呼ばれる距状突起をつくる。
→関連項目熱帯植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デンドロビウム【Dendrobium】

ラン科セッコク属Dendrobiumに属する園芸種の総称(イラスト)。着生多年草で,通常は常緑だが,中には落葉するものもある。インド北部からマレーシア地域,さらにオーストラリア北部や太平洋諸島まで広く分布するランで,日本にもセッコクキバナノセッコクの2種がある。樹木や岩に着生している。デンドロビウムの語は樹(dendro)の生命(bios)の意。 セッコク属には約1000種ほどがあり,株の形態も育て方も異なるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デンドロビウム【Dendrobium】

ラン科デンドロビウム属の多年草の総称。熱帯地方に広く分布し、種類が非常に多い。日本では観賞用に多くは温室で栽培。岩や樹上に着生し、茎は多肉質で節がある。葉は披針形。花は淡紅・白・紫・黄色などで、茎の上方の節から出た花茎に総状につくものが多い。日本原産のセッコクなどもこの一種。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デンドロビウム
でんどろびうむ
[学]Dendrobium

ラン科セッコク属の総称。ラン科植物中2番目の大属。約1000種が熱帯アジア、ニューギニア島を中心に分布し、日本にもセッコクD. moniliforme (L.) Sw.ほか2種が自生する。樹上高く着生し、美しい花をつける種が多い。園芸的に広く栽培されるものにはノビル系とデンファレ系の二つのグループがある。
 ノビル系はインド北部から中国南部にかけて産するデンドロビウム・ノビルD. nobile Lindl.を中心に改良された系統で、茎が肥厚し、30~70センチメートルに伸び、次の年の秋、落葉した茎の各節に2、3花ずつをつけ、冬から春に開花する。鉢物、切り花として利用される。セッコクとの交雑品種は小形で強健である。デンファレ系はニューギニア島近辺に産するデンドロビウム・ファレノプシスD. phalaenopsis Fitzg.を中心に改良された系統で、1メートル前後の茎の上部から、長い花茎を伸ばして10花余りをつけ、切り花に適する。花は秋に多く咲くが、周年開花する品種もある。
 一般にミズゴケで小さめの素焼鉢に植え、生育期には十分灌水(かんすい)し、秋から春までは乾きめに扱う。夏以降は肥料を与えず、葉焼けしない程度によく日光に当てる。花芽は低温によってつくられるので、晩秋十分な寒さ(10℃、2週間以上)に当ててから室内に取り込まないと花がつかない。ノビル系は最低10℃で越冬する。またセッコクとの交雑種は5~6℃で越冬する。デンファレ系は高温で育ち、冬期は最低17℃で栽培する。[唐澤耕司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデンドロビウムの言及

【オサラン】より

…日本にはオオオサランE.corneri Reichb.f.とリュウキュウセッコクE.ovata Lindl.の2種があり,主に琉球に分布する。セッコク(セキコク)属Dendrobiumに近縁だが,オサラン属は8個の,セッコク属では4個の花粉塊を有することで区別される。【井上 健】。…

【セッコク(石斛)】より

…日本で最も目にするラン科の着生ラン(イラスト)。主として葉の変異品を,江戸時代より長生蘭(ちようせいらん)と呼んで栽培してきた。近来は花の美しさも注目されて,濃紅色,紅色,丸弁などの変異品も珍重されている。茎は叢生(そうせい)し,高さ5~40cm,数節よりなる。葉は二年生で数枚が互生し,長さ5cmくらい。5~6月,葉の落ちた3年目の茎の上部の節より,数花ずつが束になって咲く。花は白色から淡紅色で,径3~4cm。…

※「デンドロビウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デンドロビウムの関連キーワードセッコク(石斛)デンファレ石斛高貴石斛石刻仏国六国麺や ほっこくシカクセッコクセッコク属

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デンドロビウムの関連情報