コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥズ湖 トゥズこ Tuz Gölü

3件 の用語解説(トゥズ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥズ湖
トゥズこ
Tuz Gölü

トルコ中央部,コンヤの北東 105km,アナトリア高原中央にある塩水湖。長さ 72.5km,幅 52km,面積は約 1375km2あるが,季節により変化し,夏季には凝固した塩でおおわれた平地になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トゥズ‐こ【トゥズ湖】

Tuz Gölü》トルコ中央部、アナトリア地方にある湖。コンヤの北東約100キロメートルに位置する。平均水位1~2メートル程度。トルコ語ではトゥズギョルと呼ばれ、塩湖の意。極端に塩分濃度が高く、夏場は干上がって塩の層を形成するため、同国最大の塩の産地になっている。また、オオフラミンゴマガンの繁殖地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥズ湖
とぅずこ
Tuz Gl

トルコ、小アジア半島の中央内陸部にある塩湖。トルコ語ではトゥズ・ギョリュ(塩の湖)という。標高899メートル、面積約1600平方キロメートル、水深1~2メートル。更新世(洪積世)には今より大きい淡水湖であったが、気候の乾燥化によって縮小、塩水化した。塩分は34%に達し、湖岸では塩の採取が行われ製塩工場も多い。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥズ湖の関連キーワードカイセリギアナアナトキシン穴門ウチヒサールゼルベの谷マザカアナトリアン・シェパード・ドッグトゥズ[湖]クズルウルマク[川]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone