コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥーロン Toulon

百科事典マイペディアの解説

トゥーロン

フランス南東部,バール県の県都。地中海沿岸の港市。トゥーロン湾奥の軍・商港で,フランス地中海艦隊の根拠地。造船所,兵器工場,海軍兵学校などがあり,化学工業も行われる。
→関連項目プロバンス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トゥーロン

フランスのラグビーチーム。同国のラグビーのトップ・リーグ「トップ14」に所属するチームのひとつ。1904年設立、本拠地はトゥーロン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥーロン【Toulon】

フランス南部,地中海に臨む軍港都市。バール県の県都。人口17万(1990)。西から東に突き出すサン・マンドリエ岬によって守られた同名の湾の奥部にある。ローマ時代に遡り,古称はテロ・マルティウスTelo Martius。16世紀にアンリ4世が港と城郭を整備し,海軍工廠を設置してより,軍港・造船工業都市として発達した。1793年フランス革命では王党反革命派の拠点となった。【谷岡 武雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥーロン
とぅーろん
Toulon

フランス南東部、バール県の県都で、港湾都市。マルセイユの南東約50キロメートルに位置し、地中海に面する。人口16万0639(1999)。北部には要塞(ようさい)のあるファロン山を控え、南部はセベ半島に囲まれたトゥーロン湾に臨む天然の良港を有する。港はフランス第一の軍港で、大規模な海軍工廠(こうしょう)がある。そのため産業は造船業、化学工業など海軍関連の分野が発達し、商業の発展も海軍の存在に負うところが大きい。地中海地方特産のワインやオリーブなどの食料品工業も立地する。商港は東側にあり、これら食料品を輸出して、石油、木材などを輸入している。また、コート・ダジュールの西端に位置して、平均気温は1月8.6℃、7月22.6℃、年降水量706ミリメートルと気候温暖であり、交通の便もよいところから海浜保養地ともなっている。[青木伸好]

歴史

古代にはローマの植民地で、真紅色染料の産地として知られていた。中世にはしばしばイスラム教徒の侵略を受けた。13世紀なかばからアンジュー伯の領地となり、そのころはプロバンスの一村落にすぎなかったが、15世紀末にプロバンスが王領に併合され、トゥーロンはブルボン王朝の海軍基地となり、それ以来、この地は軍港都市として栄えるようになった。ナポレオンはここからエジプト遠征に向かった。7月王政期(1830~48)に進められたアルジェリアの植民地支配は、トゥーロンの発展を促進するとともに、軍港都市としての性格をいっそう強めるようになった。第二次世界大戦中、フランスの戦艦の大部分がここに集められていたが、ドイツ軍がこれを奪おうとすると、フランス側は船底に穴をあけて沈め、敵の手に渡るのを防いだ(1942年11月)。[本池 立]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トゥーロンの関連キーワードジーン・ヴィクトール・フランソア エーカールソニー・ビル ウィリアムズグザヴィエ・ドゥ メストレジャン・クロード ルナールジョニー ウィルキンソンフランス革命史(年表)ジョージ グレーガンエスクデロ・セルヒオシャルル・ドゴールエリック オービエナポレオン(1世)ブライアン ハバナリュック ジャケミレーユ ダルクジョージ スミスブリュンチエールキャピュシーヌマット ギタウRCトゥーロンL. コスタ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トゥーロンの関連情報