コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウワタ

3件 の用語解説(トウワタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トウワタ

熱帯アメリカ原産のガガイモ科の半低木状多年草であるが,寒さにやや弱いので園芸上は一年草として扱われている。高さ50〜100cmになり,全体に無毛。披針形の葉を対生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トウワタ【blood‐flower】

ガガイモ科の多年草。熱帯アメリカ原産であるが,熱帯域に広く帰化している(イラスト)。日本では切花や鉢物として栽培されるが,同属で北アメリカ原産の葉が細いヤナギトウワタA.tuberosaL.(英名butterfly weed,pleurisy root,orange milkweed)の方が多く栽培されている。トウワタは,半低木状となる多年草で,草丈は1m以上となり,緑色の茎を直立する。葉は長楕円状披針形で対生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウワタ
とうわた

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウワタの関連キーワードアンスリウムグアバアゲラタムディフェンバキアパキラアメリカ撫子唐綿ダツラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トウワタの関連情報