コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカゲギス Aldrovandia affinis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トカゲギス
Aldrovandia affinis

ソトイワシ目トカゲギス科の海水魚。全長 55cmになる。体は細長く,尾部はしだいに細くなって糸状になる。吻は突出する。背鰭は基底が短く,軟条のみからなる。臀鰭は低いが,基底が著しく長い。側線は腹部を走る。眼は小さい。レプトケファルス型の幼生期を経る。深海性(→深海魚)。世界中の暖海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トカゲギス【Aldrovandia affinis】

ソコギス目トカゲギス科の深海魚(イラスト)。吻(ふん)が著しくとがり前方に突き出し,口はその下面に開く。くさび形の前頭部がトカゲの頭部に似るのでこの名がある。日本南部から東南アジア海域,ハワイ,アラビア海,さらに大西洋の温・熱帯から知られ,世界的分布を示す。体長50cmに達する。体は細長く側扁し,尾びれに向かってしだいに先細りとなる。しりびれは体の中心より前方から始まり尾端まで連続する。背びれと腹びれは体の前半部にほぼ相対する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トカゲギス
とかげぎす / 蜥蜴義須
rat-tailed lizard-fish
[学]Aldrovandia affinis

硬骨魚綱ソコギス目トカゲギス科に属する海水魚。全長約53センチメートルのウナギ形で、尾端は糸状に伸びる。側線は小孔で体側下部を縦走する。主上顎骨(じょうがくこつ)と前上顎骨に歯があり、腹びれ始部は肛門(こうもん)よりも鰓蓋(さいがい)裂孔に近く、背びれ基部のやや前方下にある。体は褐色で、臀(しり)びれは濃褐色、ほかのひれは淡褐色、口のあたりと鰓蓋は黒みを帯びる。地中海と南・北両極海域を除く世界の深海に分布し、日本では南部に産する。[浅野博利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トカゲギスの関連キーワードノコバホウネンエソホウキボシエソ亜科ミツマタヤリウオオオクチホシエソワニトカゲギスホウネンエソホウライエソホテイエソヨコエソ鰐蜥蝪鱚ムネエソ蜥蜴義須外洋魚蜥蜴鱚発光魚狭鰭類鰓蓋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android