コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカゲギス トカゲギスAldrovandia affinis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トカゲギス
Aldrovandia affinis

ソトイワシ目トカゲギス科の海水魚。全長 55cmになる。体は細長く,尾部はしだいに細くなって糸状になる。吻は突出する。背鰭は基底が短く,軟条のみからなる。臀鰭は低いが,基底が著しく長い。側線は腹部を走る。眼は小さい。レプトケファルス型の幼生期を経る。深海性(→深海魚)。世界中の暖海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トカゲギス【Aldrovandia affinis】

ソコギス目トカゲギス科の深海魚イラスト)。吻(ふん)が著しくとがり前方に突き出し,口はその下面に開く。くさび形の前頭部がトカゲの頭部に似るのでこの名がある。日本南部から東南アジア海域,ハワイアラビア海,さらに大西洋の温・熱帯から知られ,世界的分布を示す。体長50cmに達する。体は細長く側扁し,尾びれに向かってしだいに先細りとなる。しりびれは体の中心より前方から始まり尾端まで連続する。背びれと腹びれは体の前半部にほぼ相対する

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トカゲギス
とかげぎす / 蜥蜴義須
rat-tailed lizard-fish
[学]Aldrovandia affinis

硬骨魚綱ソコギス目トカゲギス科に属する海水魚。全長約53センチメートルウナギ形で、尾端は糸状に伸びる。側線は小孔で体側下部を縦走する。主上顎骨(じょうがくこつ)と前上顎骨に歯があり、腹びれ始部は肛門(こうもん)よりも鰓蓋(さいがい)裂孔に近く、背びれ基部のやや前方下にある。体は褐色で、臀(しり)びれは濃褐色、ほかのひれは淡褐色、口のあたりと鰓蓋は黒みを帯びる。地中海と南・北両極海域を除く世界の深海に分布し、日本では南部に産する。[浅野博利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone