コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキソウ(朱鷺草) トキソウPogonia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トキソウ(朱鷺草)
トキソウ
Pogonia japonica

ラン科の小型の多年草。アジア東部の暖帯から温帯にかけて分布し,日本でも各地の日当りのよい湿地に生える。茎は横走する根茎から直立し,中央部に披針形の葉を1枚つける。初夏に,茎の先端に紅紫色の美花を1つ横向きにつける。和名花色による。近縁種ヤマトキソウ P. minorは,本種より小型で丘陵などの乾いた草地に生え,花は上向きに咲き,花色もやや淡い。両種の間には雑種も生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トキソウ(朱鷺草)の関連キーワードラン科

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android