コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキワマンサク

3件 の用語解説(トキワマンサクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トキワマンサク

マンサク科の常緑小高木。静岡・三重・熊本県の常緑樹林にまれにはえ,中国〜ヒマラヤにも自生する。葉は長楕円形,下面には星状毛がある。5月,枝先に黄白色花を開く。花弁は線形で4枚,長さ約2cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トキワマンサク【Loropetalum chinense (R.Br.) Oliv.】

マンサク科の1属1種の常緑小高木(イラスト)。高さ10m,直径25cmほどになり,密に分枝して小枝は長く垂れ,若枝は黄褐色の星状毛を密生する。葉は互生し,ややいびつな楕円形ないし卵状楕円形で,長さ1.5~4cm,両面に星状毛を散生する。4月下旬から5月に,当年枝の先に3~8個の無柄の花がつく。花は子房上位,上端は4裂し,花弁は4枚,線形で長さ15~20mm,白色,初めは巻いている。葯隔の長く突出するおしべおよび小型の仮雄蕊(かゆうずい)と,2本の花柱がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキワマンサク
ときわまんさく / 常葉満作
[学]Loropetalum chinense (R. Br.) Oliver

マンサク科トキワマンサク属1属1種の常緑低木または小高木。高さ10メートルに達する。幹は灰褐色、若枝には淡褐色の星状毛が密生する。葉はいびつな楕円(だえん)形、長さ1.5~4センチメートル、全縁。花は5月、今年伸びた枝の先にやや頭状に集まり、淡黄白色。(さくか)は卵球形で長さ約7ミリメートル、2裂する。本州(静岡県、三重県伊勢(いせ)神宮)、九州(熊本県)、および中国南部、インド北東部に隔離分布する。花がマンサクに似ており、葉が常緑であるのでこの名がある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トキワマンサクの関連キーワード木珊瑚銀木犀南燭常磐満作巴豆満作山枇杷雪椿ロンガン黄枇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone