コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トネリコバノカエデ トネリコバノカエデ Acer negundo; box elder

2件 の用語解説(トネリコバノカエデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トネリコバノカエデ
トネリコバノカエデ
Acer negundo; box elder

カエデ科の落葉高木で,北アメリカの中部から東部に広く分布する。ネグンドカエデともいう。高さ 10~20mの高木になり,対生する葉は羽状複葉で5~8cmの楕円形の小葉を1~3対つける。雌雄異株で,雄花は束状に,雌花は総状花序をなしてつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トネリコバノカエデ
とねりこばのかえで / 土禰利古葉楓
[学]Acer negundo L.

カエデ科の落葉中高木。葉は3~5枚、まれに7~9枚の小葉をもつ羽状複葉で、対生する。小葉は長さ5~12センチメートル、幅2~7センチメートルの卵状楕円(だえん)形で、浅く3裂するものもあり、縁(へり)に少数の粗い鋸歯(きょし)がある。冬芽の鱗片(りんぺん)は普通は3対。雌雄異株。花は淡黄緑色の小花で、4月ころ、葉よりすこし早く側芽から下垂する細い花序に総状の雌花序または複総状の雄花序につける。花弁は退化してなくなり、萼片(がくへん)は4~5枚、雄しべは4~6本で雄花だけにある。果実は2翼があり、秋に熟す。北アメリカの温帯に広く分布する。カエデ類のなかでは本種だけが挿木で容易に繁殖し、成長が速く、またじょうぶなので、世界の温帯各地に植えられているが、枝張りが悪く、庭園樹、街路樹としてはあまり見栄えしない。名は、モクセイ科のトネリコに似た葉をもつカエデの意味である。[緒方 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トネリコバノカエデの関連キーワードサトウカエデ(砂糖楓)麻の葉楓アメリカ篠懸の木板屋楓砂糖楓唐楓羽団扇楓花の木一葉楓ハナノキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone