コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トハチェフスキー Mikhail Nikolaevich Tukhachevskiy

デジタル大辞泉の解説

トハチェフスキー(Mikhail Nikolaevich Tukhachevskiy)

[1893~1937]ロシアの軍人。参謀総長・国防人民委員代理、ソ連最初の元帥の一人。ロシア革命後の内戦期に赤軍を指揮して戦功をあげ、その後も赤軍の近代化に努めたが、スターリン大粛清により銃殺された。1961年名誉回復。トゥハチェフスキー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トハチェフスキー

ソ連の軍人,ソ連邦最初の元帥の一人。トゥハチェフスキーとも。十月革命後の内戦期の活躍から赤軍の近代化に果たした役割まで,卓越した指導力で異才を謳われたが,スターリンの粛清により悲劇的な死をとげた。没落貴族の家に生まれ,アレクサンドロフスキー士官学校を卒業後第1次世界大戦に参加,ドイツ軍捕虜となるが脱走し,十月革命勃発とともに,赤軍に加わる。司令官として各地に転戦して,ウラル,シベリア,カフカス方面で反革命軍を撃破,革命戦争の英雄となる。1920年の対ポーランド戦争ではワルシャワ攻略を試み失敗。1921年のクロンシュタットの水兵の反乱,タンボフの農民の大暴動を鎮圧した。1925年〜1928年赤軍参謀長を経て,1931年陸海軍人民委員代理兼兵器局長に就任し,赤軍の再編と近代化を推進,世界で最初に機械化部隊,空挺部隊を設置するなど独創的戦術を編み出した。ハルハ川戦争(ノモンハン事件,1939年)での日本軍の完敗は彼が推進した赤軍近代化の成果といわれる。1934年,党中央委員候補,1935年には他の3名の将軍とともにソ連邦最初の元帥号を受けるが,スターリンの大粛清によって1937年5月ドイツのスパイとして逮捕され,反逆罪で6月11日処刑された(トハチェフスキー事件)。1961年に名誉回復。全世界に衝撃を与えたこの粛清は赤軍の指導部全般に及び,ヒトラーは,粛清による赤軍の弱体化で対ソ短期決戦でソ連邦を粉砕可能と判断したといわれる。作曲家ショスタコービチの回想記に彼との深い交友関係が記されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トハチェフスキー【Mikhail Nikolaevich Tukhachevskii】

1893‐1937
ソ連邦最初の元帥の一人。トゥハチェフスキーとも呼ぶ。赤軍近代化の父として異才を認められたが,スターリンの粛清の犠牲となり,悲劇的死を遂げた。没落貴族の家に生まれ,アレクサンドロフスキー士官学校を卒業するとすぐに第1次世界大戦に参加,ドイツ軍に捕らえられたが,脱走を企てること6回目にようやく成功。十月革命とともに赤軍に身を投じ,軍司令官としてボルガ川沿岸地域を転戦,またウラル,シベリア,カフカス方面で反革命軍を撃破した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トハチェフスキー【Mikhail Nikolaevich Tukhachevskii】

1893~1937) ソ連の軍人。革命後の内戦期に赤軍を指揮して功をあげ、のち参謀総長・国防人民委員代理となる。1937年の大粛清で処刑されたが、20年後、名誉回復。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のトハチェフスキーの言及

【ソビエト連邦】より

…しかし,スターリンの名が冠された新憲法が〈世界で最も民主的な憲法〉として36年12月に公布される一方で,ジノビエフ,カーメネフら旧反対派の幹部が〈ゲシュタポの手先〉として死刑を宣告される公開裁判が始められた。この動きは37年初めに打ち出されたスターリンの階級闘争激化理論によって加速され,トハチェフスキーら軍幹部の〈陰謀〉が6月に摘発されると,大量テロルの嵐が荒れ狂うことになった。党,政府,企業の幹部がドイツや日本のスパイとして処刑されたり,ラーゲリに送られ,そのあとは,〈上からの革命〉期に教育を受けた若い幹部が埋めた。…

【ロシア革命】より

…赤軍がピウスーツキ軍を粉砕してしまえば,この委員会がポーランドの革命政府となったであろう。だが,8月15日トハチェフスキーが率いる赤軍はワルシャワ近郊で進撃を止められ,退却する。革命の軍事的輸出は失敗したのである。…

※「トハチェフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トハチェフスキーの関連キーワードクロンシタットの反乱スターリン批判両面作戦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android