コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トハラ Tochara/Tokhara

デジタル大辞泉の解説

トハラ(Tochara/Tokhara)

アフガニスタン北部のアム川上流の民族名および地域名。民族は、イラン系の遊牧民で、前2世紀にバルフを中心としたバクトリア王国を倒し、のち大月氏服属史記では大夏(たいか)と記述。古来、中国・中央アジア・インド・西アジアを結ぶ交通・貿易の要衝トカラ。トクハラ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トハラ

トカラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トハラ

トカラ(覩貨邏)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トハラ
とはら
Tokhara

中央アジアの地名、民族名。トカラともいう。古代ギリシアのストラボンは、ギリシア植民が中央アジアに建てていたバクトリア王国に、紀元前2世紀に北方からトハラ人が攻め入り、これを滅ぼしたと伝えている。この事実から、バルフ(古代のバクトラ)を中心とするアムダリヤの河南地区をトハラ地方とよんだようで、中国では吐呼羅、吐火羅と写し、7世紀の僧玄奘(げんじょう)は覩貨邏、都貨邏と書いている。イスラム時代のトハリスタンはそれを継承した呼称である。この地区は、中国からパミールを越えてきたシルク・ロードの一つと、インドからカイバー峠を経た大道との交会点であり、また、アムダリヤを下る舟運があり、陸路でサマルカンド方面、東イラン方面と連絡していた。したがって、南方のインド文化は早くからここに流入した。また、アレクサンドロス大王の東征によってギリシアの一植民地となると、それらを基礎としてギリシア的、バクトリア的文化を発展させ、インドや中国に大きな影響を与えた。[松田寿男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトハラの言及

【トゥハーリスターン】より

…イスラム時代に使用された名称で,トゥハラ人の土地の意味である。トカラ(吐火羅),トハラともよばれた。この地域は古くからインド,西アジア,中央アジアを結ぶ交通の要衝にあたり,トゥハラ人の名は既にストラボンの《地理誌》に挙げられ,また《史記》大宛伝の大夏がそれにあたると考えられる。…

※「トハラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トハラの関連キーワードトゥハーリスターンフラーテス2世吐火羅・都火羅トハリスタン中央アジア史パルティア松田寿男トルコ族トカラ語西域仏教一葉蘭大夏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android