コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビイロケアリ

百科事典マイペディアの解説

トビイロケアリ

膜翅(まくし)目アリ科の昆虫。日本全土のほか,ヨーロッパからアジアに広く分布体長働きアリ4mm,雌9mm内外。濃褐色,体の全面に微細な毛がある。朽木立木の根などやその近くの土中,時には家屋土台にも営巣する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トビイロケアリ【Lasius niger】

膜翅目アリ科の昆虫(イラスト)。日本ではもっともふつうに見られるアリの1種。働きアリの体長は3~4mm,全体に黒褐色で短い軟毛を密生し,腹柄は1節で毒針がない。北アフリカ,ヨーロッパ,アジアの温・亜寒帯,北アメリカ北西部に分布し,日本では九州以北に分布,本州中部では平地から亜高山帯にまで生息している。巣は土の中につくられることもあるが,樹木の根もとの腐朽部や湿った朽木の中に多い。アブラムシや花の分泌するみつ液を集め,小型の昆虫なども食物とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビイロケアリ
とびいろけあり / 鳶色毛蟻
[学]Lasius niger

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。ヨーロッパ、アジア、北アメリカに広く分布し、日本ではもっとも普通にみられる。体長は働きアリで約3ミリメートル、女王アリで約1センチメートル。体は黒褐色で、全体が微毛で覆われる。7月ごろ、1巣当り数千の羽アリが羽化し、早朝に結婚飛行に飛び立つ。近縁種のハヤシトビイロケアリなどは日没前後に飛び出し、灯火にその大群が飛来することがある。巣は材木の腐朽部などにつくり、樹木や草上のアブラムシを保護し、その蜜滴(みつてき)をおもな食料にしている。[山内克典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトビイロケアリの言及

【生物群集】より

… アリ類が餌場や巣をめぐって激しく争うのはよく知られている。例えばアブラムシ(アリマキ)のいる木の枝をトビイロシワアリとトビイロケアリが集団で争い,昼間はケアリが,夜はシワアリが占拠するのは有名である。もう少し広い範囲で起こっている例でいえば,北アメリカ原産の淡水魚カダヤシが1916年に台湾から侵入してきて,60年代末には広く全国に広がり,各地で,とくに関東平野,大阪平野,沖縄島などでは,今やメダカをほとんど駆逐してしまったのである。…

※「トビイロケアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トビイロケアリの関連キーワードアリ(蟻)クロアリ羽アリ黒蟻

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android