コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トミズム Thomism

翻訳|Thomism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トミズム
Thomism

広義ではトマス・アクィナスの哲学,神学説と,トミスト (トマス説をとる学者) たちによるトマスの体系への注解,理論的展開とに対する総称。 1278年以後トミズムはドミニコ会の理論的中核となり,スコツス説やオッカム説と並ぶ思潮となった。中世末期の代表的トミストは J.カプレオルス,枢機卿カエタヌスである。 16世紀にはスペインが中心であり,代表者にスアレス,ヨハネス・サンクト・トマらがいる。しかし恩恵論争モリニズムと対立したサラマンカのバニェスらの物理的先動説のみを,狭義でトミズムと呼ぶこともある。 19世紀末のスコラ学復興運動のなかでは,1879年の回勅「エテルニ・パトリス」によって有利な地位を与えられ,20世紀前半に多くの学者を生んだ。この時期のものをネオトミズムという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トミズム

トマス・アクイナスの思想体系,および後世におけるその解釈と展開,さらにはトマスの教説を奉じる学派をいう。後2者の意味におけるトミズムの歴史にあっては,ヨハネス・カプレオルス,カエタヌス,ビトリア,スアレス,ヨハネス・ア・サンクト・トマスらの業績が重要。
→関連項目スコラ学マリタン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トミズム【Thomism】

トマス・アクイナス自身の哲学・神学体系,および後世の人々によるトマスの基本的立場ないし学説の体系的解明および展開をさしていう。トマスがアリストテレス,新プラトン主義哲学,アウグスティヌスをはじめとする教父たちの思想,アラビアおよびユダヤの哲学思想などを総合してつくりあげた独自の哲学思想は,同時代人および直後の世代の理解を超えるものであった。13世紀の終りにかけてドミニコ会とフランシスコ会神学者,およびガンのヘンリクスとアエギディウス・ロマヌスの間でトマスの学説をめぐって論争が行われたが,前者は神学的正統・異端に関する争いであり,後者はトマスにおける〈存在esse〉と〈本質essentia〉との区別の誤解にもとづく論争であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トミズム【Thomism】

トマス=アクィナスの思想・学説。自然と超自然との調和を説き、認識論では実在論の立場をとる。トマス説。 → ネオ-トミスム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トミズム
とみずむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トミズムの関連キーワードゴドフロア[フォンテーヌ]ガリグ=ラグランジュドゥンス・スコツスバウムガルトナーラベルトニエールセルティヤンジュアンジェリコ大学ヨハネ[パリ]ジャン ダバン新スコラ哲学アメリカ哲学カトリシズムイタリア哲学スコツス学派レオ13世ドーデラーアクィナス新スコラ学新トマス説ウェッセル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android