コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムソン散乱 トムソンさんらんThomson scattering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トムソン散乱
トムソンさんらん
Thomson scattering

波長の長い光の自由電子による散乱。古典論では,入射波によって電子が振動し,これが波源となって散乱波が出ていくと考える。入射波の波長が短くなりX線になると,コンプトン散乱に移行する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

トムソン散乱【Thomson scattering】

自由な電子(および他の荷電粒子)による電磁放射の散乱.荷電粒子が入射電磁波により加速されてエネルギーを得,これを全方向へと放射する.この散乱の全強度は,電子の場合,下の式で与えられる.

I/I0 のことを散乱係数という.可視光線領域ではあまり重要性をもたないが,X線領域ではこの散乱の寄与はかなり著しくなる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トムソン散乱
とむそんさんらん
Thomson scattering

長波長の光の自由電子による散乱。イギリスの物理学者J・J・トムソンが1910年に理論を提起した。電子の静止質量に比して十分小さいエネルギーの光(偏りがないとする)が電子によって散乱される場合、散乱の全断面積は、半径が電子の古典半径(r0e/mec)である円の面積の3分の2という、エネルギーによらない一定の値となる。トムソン散乱は、長波長の光が荷電粒子によって散乱を受ける場合の特徴で、一般には電子による散乱に比して、荷電対質量の比の2乗倍の全断面積となり、荷電が大きいほど、また質量が小さいほど大きい。光のエネルギーが大きい一般の場合にはコンプトン散乱とよばれ、それを記述するクライン‐仁科(にしな)の式が用いられる。トムソン散乱は、コンプトン散乱の低エネルギー(長波長)極限にあたる。[玉垣良三・植松恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トムソン散乱の関連キーワードトムソンの公式(散乱強度)レイリー散乱Eモード偏光X線の散乱光の散乱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android