コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トモエソウ

2件 の用語解説(トモエソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トモエソウ

オトギリソウ科の多年草北海道〜九州,東アジア,北米に分布し山野の日当りのよい草地にはえる。茎は方形で枝分れして立ち90cm内外,披針形の葉が対生する。7〜8月,黄色で径約5cm,5枚の花弁が巴(ともえ)形にねじれた花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トモエソウ
ともえそう / 巴草
[学]Hypericum ascyron L.

オトギリソウ科の多年草。茎は稜(りょう)があり、直立して分枝し、高さ0.5~1メートル。葉は披針(ひしん)形で長さ5~10センチメートル、先はとがり、明点がある。夏、黄色で径約5センチメートルの一日花を頂生する。雄しべは多数で、5本の束にまとまる。花柱は長さ約8ミリメートル、下方は癒合し、上部は5裂する。(さくか)は卵球形で、大きい。日本全土の山の草地に生え、朝鮮半島、中国、シベリアに分布する。名は、花弁が巴(ともえ)状に並ぶことに基づく。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトモエソウの言及

【オトギリソウ】より

…漢方では全草を干し,煎じたものを止血,月経不順や通乳に用いる。 トモエソウH.ascyron L.は山間の草地に生えるオトギリソウ科の多年草で,高さ50~100cmになり,夏から秋に径5cmぐらいの黄色い花をつける。東アジアの温帯に広く分布する。…

※「トモエソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トモエソウの関連キーワード朝霧草岩桐草弟切草褄取草巴草鋸草福木幌向草アキレアオニユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone