コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリニトロトルエン トリニトロトルエン trinitrotoluene

翻訳|trinitrotoluene

6件 の用語解説(トリニトロトルエンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリニトロトルエン
トリニトロトルエン
trinitrotoluene

爆薬の一つ。6つの異性体があるが,用いられるのは2,4,6-トリニトロトルエンで,TNTと略称される。化学式は C7H5N3O6 。淡黄色柱状晶。融点 80.7℃。 1863年に J.ウィルブランドによって発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリニトロトルエン(trinitrotoluene)

トルエンニトロ化した化合物。黄色の柱状結晶。爆薬。TNT。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリニトロトルエン

化学式はC6H2CH3(NO23。トルエンを硝酸と硫酸の混酸でニトロ化して得られる淡黄色の針状結晶。TNTの別名で知られる高性能爆薬。
→関連項目火薬含水爆薬炸薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリニトロトルエン【trinitrotoluene】

TNTの別名で知られる高性能爆薬で,第2次大戦中に大量に使われ,日本ではトロチルtrotyl,茶褐薬などとも呼ばれた。以前はピクリン酸(下瀬火薬)が主要炸薬として用いられたが,いくつかの欠点をもつためTNTにとって代わられた。トリニトロトルエンには2,3,4‐,2,4,5‐,2,4,6‐などの異性体があるが,爆薬に使われるのは2,4,6‐トリニトロトルエンで,他の異性体を分離精製して用いられる。淡黄色の結晶で,結晶比重1.654,融点80.89℃である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トリニトロトルエン【trinitrotoluene】

トルエンに硝酸と硫酸との混合物を作用させて得られる化合物。化学式 C6H2CH3(NO23 普通、六種の異性体のうち 2 、 4 、 6 -トリニトロトルエンをさす。これは淡黄色針状結晶で爆薬として広く用い、 TNT と略称される。褐色火薬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリニトロトルエン
とりにとろとるえん
trinitrotoluene

TNTの別名で知られる高性能軍用爆薬。日本ではトロチル、茶褐薬などともよばれた。TNTは1863年ドイツのウィルブラントJulius Wilbrand(1839―1906)によってつくられた。1920年代まではピクリン酸(下瀬(しもせ)火薬)が主要軍用爆薬として存在したが、いくつかの欠点をもつために、それらの欠点のないTNTと併用された。
 炸薬(さくやく)として使われるTNTは、2,4,6-トリニトロトルエンで、他の異性体を分離精製して用いられる。淡黄色の結晶。発火点は475℃、アルカリが加わると低くなる。吸湿性はなく、水に不溶で、濃硫酸、濃硝酸および多くの有機溶媒に溶ける。示差熱分析における分解温度は250℃、爆速は比重1.6で毎秒6900メートルである。摩擦および打撃に対しては比較的鈍感で、安定性もよい。ピクリン酸と異なり、重金属と反応して摩擦、打撃に非常に敏感な金属塩をつくることもない。
 融点が80.8℃と低いので、砲弾などに溶填(ようてん)することが容易で、炸薬としてもっとも多く使われてきた。単独でも使われるが、他の爆薬と混合しても用いられる。二成分含TNT爆薬の例としてはペントライト(PETNとの混合物)、シクロトール(ヘキソーゲン=RDXとの混合物)、アマトール(硝安との混合物)、オクトール(オクトーゲン=HMXとの混合物)、トリトナール(アルミニウムとの混合物)などがある。RDX60%、TNT40%および少量のワックスからなるコンポジションBも第二次世界大戦中に大量に使われた炸薬の一つである。
 製造が比較的容易なこともTNTの一つの特長である。トルエンと硝酸を原料とし、濃硫酸および発煙硫酸を副原料として3段階のニトロ化反応を経て製造される。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリニトロトルエンの関連キーワードガードナー油木唐瓜狐の茶袋高性能ドゥカティ1098高性能林業機械アマトールシクロトリメチレントリニトラミンペントリット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone