コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含水爆薬 ガンスイバクヤク

百科事典マイペディアの解説

含水爆薬【がんすいばくやく】

スラリー爆薬とも。硝酸アンモニウムにTNT(トリニトロトルエン)その他の爆薬粉末,アルミニウム粉末などを混ぜ,水を加えてスラリー状(かゆ状)にした爆破薬。1950年代に米国のM.A.クックらが発明。
→関連項目ダイナマイト

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんすいばくやく【含水爆薬】

スラリー爆薬slurried explosiveとも呼ばれる。硝酸アンモニウム,硝酸ナトリウム,水,燃料兼鋭感剤および粘稠剤を成分とした爆薬。1950年代にカナダのファーナムH.E.FarnamとアメリカのクックM.A.Cookの協同研究の結果生まれた新しい工業爆薬である。従来の工業爆薬は耐水性に難点のあるものが多かったが,この爆薬は水を10~20%程度含んでいるために,耐水性は悪くなく,後ガスは良好であり,簡単には着火しないので安全性も高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がんすいばくやく【含水爆薬】

硝酸アンモニウム・水・燃料兼鋭感剤・粘稠ねんちゆう剤などを成分とする爆薬。水を含んでいるため、衝撃・摩擦・火炎などに対してダイナマイトよりも安全性が高い。スラリー爆薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

含水爆薬
がんすいばくやく
slurry explosivewater gel

水を5%以上含有した泥状の爆薬で、スラリー爆薬とエマルション爆薬とに分類される。
 スラリー爆薬は、1950年代に開発された新しい型の工業爆薬で、硝酸アンモニウム、水、燃料兼鋭感剤、気泡、粘稠剤(ねんちゅうざい)などを含む。従来、水分は爆薬にとって劣化の原因であったが、この爆薬は水をかなり多量に含んでいるのが特徴である。爆発威力はダイナマイトと硝安油剤爆薬の中間で、あとガス(後ガス)は良好である。安定度、耐火・耐熱性もダイナマイトに比べてよく、衝撃起爆感度は鈍感である。毒性のあるニトログリコールを含まないので薬害の心配は少ない。日本で現在製造されている含水爆薬はゲル状のもので、6号雷管1本で起爆できるので雷管起爆性の含水爆薬である。アメリカで最初に工業化されたのはスラリー状(泥状)の含水爆薬で、雷管では起爆できないので非雷管起爆性とよばれた。現在日本で製造されている含水爆薬は、アメリカのデュポン、ハーキュレスおよびアイレコの各社から技術導入された含水爆薬で、それぞれ燃料兼鋭感剤に特徴をもっている。
 エマルション爆薬は、油剤の中に硝酸アンモニウム等の酸化剤の水溶液を分散させた油中水型エマルションからなるゲル状の含水爆薬であり、1970年代から開発が進められ、現在では産業爆薬として広く使用されている。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

含水爆薬の関連キーワード硝安油剤爆薬カーリット伝爆薬火炎火薬