コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリポリエ文化 トリポリエぶんかTripolye culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリポリエ文化
トリポリエぶんか
Tripolye culture

ウクライナ地方の新石器文化。ルーマニアククテニ文化と近い関係にあるため,しばしばククテニ・トリポリエ文化と呼ばれる。標準遺跡はウクライナにある同名の遺跡。幾何学文,渦巻文を特徴とする彩文土器が出土する。トリポリエ文化はA,B,Cの3期に細分されている。集落址として調査されることが多い。住居は木材などを利用して造られた長方形のものであり,主要な生業は麦類を耕作する農耕であり,羊の飼育も行われていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トリポリエ文化【トリポリエぶんか】

ドニエプル川以西のウクライナ地方で前5000年―前3500年ごろに存在した後期新石器時代文化。赤地に黒,白の曲線文を描いた彩陶をもつ。
→関連項目ウクライナ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリポリエ文化
とりぽりえぶんか
Toripol'e

ヨーロッパの新石器(農耕)文化の一つ。紀元前四千年紀ごろウクライナ西部からルーマニア東部にかけて広まった。ルーマニアを中心とするククテニ文化との関連が強い。A~Cの3期に区分される。小麦、大麦、ライ麦をつくり、ウシ、ブタ、ヒツジを飼育した。狩猟も広く行われ、オオジカ、アカシカ、イノシシ、ガンなどを狩った。地母神像と考えられる女性土偶がしばしば製作された。大きな腹、臀(しり)、小さな乳房、偏平な頭部などに特色がある。土器は赤、白、黒色で彩色し、曲線や幾何学文が描かれる。集落は堀を巡らし、多くの長方形の家屋が円形に並んでいることが多い。中央に多数の部屋をもつ大型家屋が置かれることもある。[鈴木忠司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリポリエ文化の言及

【ククテニ文化】より

…ドイツの考古学者ヒューバート・シュミットがルーマニアのククテニCucuteni遺跡で彩文土器を発掘したのにちなんでモルダビアの新石器時代と銅器時代の文化をククテニ文化と呼び,エレスド文化ともいう。ウクライナのトリポリエ文化の中期は,このククテニ文化と同じ内容であるので,文化の広がりはトランシルバニアの東麓に沿うセレト川からドニエプル川の中流域にまで及ぶことになる。トリポリエ文化の前期はルーマニアでは先ククテニ文化と呼ばれ,ウクライナと同じ篦で描いた曲線文土器もあるが,多いのは暗灰色の磨研土器である。…

※「トリポリエ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリポリエ文化の関連キーワード黒土地帯文化考古学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android