コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレントン トレントンTrenton

4件 の用語解説(トレントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレントン
トレントン
Trenton

アメリカ合衆国,ニュージャージー州の州都。ニューヨークの南西 89km,デラウェア川の遡航の終点に位置する。 1630年代オランダ人により通商の基地として設立された。 1776年 12月から翌年1月にかけて G.ワシントンの率いる独立軍がこの地区で数次にわたる戦勝を収め,これが独立戦争の勝機となった (→トレントンの戦い ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トレントン

米国,ニュージャージー州の州都。デラウェア川の水運の終点。電線・電気器具航空機部品・化学工業が盛ん。1679年クエーカー教徒が創設。独立戦争初期の激戦地として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレントン【Trenton】

アメリカ合衆国ニュージャージー州西部の同州の州都。人口8万4000(1994)。デラウェア川の遡航の終点に位置し,ニューヨーク市とフィラデルフィアの間の交通・工業の中心地。主要工業としては,ケーブルゴム製品自動車部品,繊維,プラスチック,金属製品の製造などがある。1679年に定住が始まり,1790年州都となった。独立革命の際(1776年12月25日)にG.ワシントンの率いる一隊が凍てつくデラウェア川を渡り,918人のドイツ人傭兵を捕虜にした地として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレントン
とれんとん
Trenton

アメリカ合衆国、ニュー・ジャージー州西部、デラウェア川に臨む都市で、同州の州都。人口8万5403(2000)。フィラデルフィア、ニューヨーク両市の中間に位置する。陸上はもちろん海・空の交通の要衝であり、工業の発達が目覚ましい。1848年に始まったワイヤケーブルをはじめ、陶器、ゴム製品、各種金属、自動車部品、繊維など多種工業が立地する。1679年ごろイギリスクェーカー教徒によって町がつくられ、1790年州都となる。アメリカ独立戦争では、1776年12月ワシントン率いるアメリカ軍が重要な勝利を収めた、「トレントンの戦い」の古戦場として有名であり、古い建造物も数多く残されている。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トレントンの関連情報