コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロッコ

百科事典マイペディアの解説

トロッコ

建設土木工事,鉱山等で土砂,鉱石石炭などの運搬に使用される,軌道上を走る2軸の無蓋台車。木製または鉄製で,機関車による牽引または手押しで使用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トロッコ

富山県、宇奈月ビール株式会社が製造する地ビール。「宇奈月ビール」シリーズ。アルトタイプ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トロッコ

ずりや土砂の運搬に用いられる建設工事用車両。トロッコの語はtrolley,truckのなまったものと思われる。構造的には鉱車と同じで,機関車に牽引されて,軌道上を走行する。かつては,木製で,容量も0.5~1.0m3程度であったため,手押しも行われたが,最近では,鋼製で,容量2~6m3のものが普通である。木製の小型のものには,車台の平板上に四角な枠組みをのせただけで,荷降ろしのときは,この枠組みをとりはずす形式のものもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トロッコ

〔truck の転〕
レールの上を走らせる土木工事用の手押し車。また、軽便鉄道の上を土砂などを載せて運搬する車。トロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロッコ
とろっこ

軽便軌道を走る土砂運搬用の四輪単車の手押し車。土木工事に使用される。truckから転訛(てんか)したものと思われる。軌間は俗にトロッコゲージとよばれる606~752ミリメートルである。かつては車輪以外はすべて木製であったが、近年は鉄製で荷台が反転できるようになり、小型の電気機関車やディーゼル機関車に牽引(けんいん)されるようになった。[松澤正二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトロッコの言及

【鉱車】より

…何台かを連結して,軌道上を機関車またはロープにけん引されて走行する。炭鉱では炭車,トンネルなど建設工事においてはトロッコ,坑車などと呼ばれる。木製のものもあるが,大部分は金属(鋼またはジュラルミン)製である。…

※「トロッコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トロッコの関連キーワードスティーブンソン(George Stephenson)キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観ダービー(Abraham Darby)富良野・美瑛ノロッコ号ミナスダパッサージェンフェルクリンゲン製鉄所『網走番外地』シリーズ釧路湿原ノロッコ号黒部峡谷鉄道本線ポストイナ鍾乳洞お座トロ展望列車ハライン岩塩坑ワイルドスミス烏来風景特定区嵐山(京都市)運搬車型乾燥機奥出雲おろち号流氷ノロッコ号芥川 龍之介富山県黒部市

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トロッコの関連情報