トロッコ

デジタル大辞泉の解説

トロッコ

truckから》軽便軌道の上を、手押しで走る小型の貨車。土砂運搬用。トロ。
[補説]書名別項。→トロッコ

トロッコ[書名]

芥川竜之介の短編小説。大正11年(1922)3月、雑誌「大観」に発表。8歳の少年良平が鉄道工事用のトロッコに乗って経験した出来事を回想形式で描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トロッコ

ずりや土砂の運搬に用いられる建設工事用車両。トロッコの語はtrolley,truckのなまったものと思われる。構造的には鉱車と同じで,機関車に牽引されて,軌道上を走行する。かつては,木製で,容量も0.5~1.0m3程度であったため,手押しも行われたが,最近では,鋼製で,容量2~6m3のものが普通である。木製の小型のものには,車台の平板上に四角な枠組みをのせただけで,荷降ろしのときは,この枠組みをとりはずす形式のものもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トロッコ

〔truck の転〕
レールの上を走らせる土木工事用の手押し車。また、軽便鉄道の上を土砂などを載せて運搬する車。トロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロッコ
とろっこ

軽便軌道を走る土砂運搬用の四輪単車の手押し車。土木工事に使用される。truckから転訛(てんか)したものと思われる。軌間は俗にトロッコゲージとよばれる606~752ミリメートルである。かつては車輪以外はすべて木製であったが、近年は鉄製で荷台が反転できるようになり、小型の電気機関車やディーゼル機関車に牽引(けんいん)されるようになった。[松澤正二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトロッコの言及

【鉱車】より

…何台かを連結して,軌道上を機関車またはロープにけん引されて走行する。炭鉱では炭車,トンネルなど建設工事においてはトロッコ,坑車などと呼ばれる。木製のものもあるが,大部分は金属(鋼またはジュラルミン)製である。…

※「トロッコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トロッコの関連情報