コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーションバランス

栄養・生化学辞典の解説

トーションバランス

 はかりの一つで,渦巻ばねなどを使ったもの.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トーションバランス

ねじりばかり(秤)とも。てんびん(天秤)の一種で,直線ばねのねじれ角が加えた力に比例することを利用したもの。物体を金属または溶融石英の細い線でつるし,これに偶力を加え,ねじれの角から偶力モーメントを測定する。
→関連項目クーロンクーロンの法則ねじれはかり(秤)万有引力定数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トーションバランス【torsion balance】

直線ばねのねじれ角は加えた力に比例することを利用したてんびん。ねじりばかりともいう。さおの支点部に直線ばねの一端を固定し,目盛盤に結合した他端を回転したとき生ずるねじれ弾力と,さおの重点品物を負荷させたときのさおの回転モーメントとをつり合わせ,目盛盤の回転角から品物の質量を読み取る。秤量は1~0.05g程度。直線ばねをはじめ支点,力点および重点の各点のすべてが石英細線製の石英トーションバランス感量は,はかりとしての最小の10-10gにも及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトーションバランスの言及

【てんびん(天秤)】より

…(3)特殊てんびん 比重てんびん(液体などの比重測定用),ガスてんびん(気体の密度測定用),乾燥てんびん(固体などの水分測定用),真空てんびん(真空中での秤量用),熱てんびん(物質の熱的質量変化の測定用),隔離てんびん(遠隔操作による質量測定用,キログラム原器との比較に用いる原器用てんびんの感量は1/104mgにも及ぶ)など。(4)トーションバランス 微小質量を細線のねじり弾性力でつり合わせるてんびん。(5)電子てんびん 電気てんびんともいい,つり合せ,読取りを電気的に行うてんびん。…

※「トーションバランス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トーションバランスの関連キーワード微量てんびん(微量天秤)モーメント(物理)てんびん(天秤)ねじり秤光梃子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android