コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ赤軍派(読み)ドイツせきぐんは(英語表記)Rote Armee Fraktion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ赤軍派
ドイツせきぐんは
Rote Armee Fraktion

1968年に結成されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)の左翼急進派グループ。創設者のアンドレアス・バーダー(1943~77)とウルリケ・マインホフ(1934~76)の名前をとって,バーダー・マインホフ・グループとも呼ばれた。創設当初から銀行強盗で活動資金を調達し,西ドイツ企業や軍施設をおもな標的とするテロ活動を行ない,政財界の要人を誘拐・暗殺した。パレスチナ過激派組織と手を結ぶこともあった。主要メンバーの大多数が 1972年の夏までに投獄され,マインホフは 1976年獄中で自殺。バーダーら 3人のメンバーは,1977年10月18日に獄中で射殺体で発見された。当時,ルフトハンザ機が赤軍にハイジャックされ,獄中の仲間の釈放を求める事件があった。バーダーらの遺体が発見されたのは,西ドイツ特殊部隊がハイジャック機に突入した翌日だったため,彼らの死は自殺とみられた。1989~90年にドイツ民主共和国(東ドイツ)共産主義体制が崩壊した後,ドイツ赤軍は旧東ドイツ秘密警察シュタージから訓練,隠れ家,装備などの提供を受けていたことが判明した。1992年にテロ活動の中止を宣言したが,一部過激派の間には支持者が残存した。1998年の正式解散後もメンバーの逮捕と裁判が続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ドイツ赤軍派

《Rote Armee Fraktion》国際テロ組織のひとつ。1970年、旧西ドイツで結成された極左過激組織。「西ドイツ赤軍」とも。1960年代の学生運動を起源とする。独占資本主義および帝国主義の打倒、マルクス主義による世界革命を目標に掲げる。1977年発生のルフトハンザ機ハイジャック事件をはじめとする数多くのテロを実行。1989年のベルリンの壁崩壊以降、活動は低調となり、1998年解散を宣言。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android