コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラス ドゥラス Durrës

4件 の用語解説(ドゥラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラス
ドゥラス
Durrës

イタリア語ではドゥラッツォ Durazzo。アルバニア西部,ドゥラス地区の行政中心地。首都ティラナの西約 30km,アドリア海に面するアルバニア第1の港湾都市紀元前7世紀にギリシアの植民地として建設され,ローマ帝国時代には,エルバサン,オフリッド湖を通ってセサロニキに達する軍事路の起点となり,西ローマ帝国の最も重要な港となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドゥラス(Durrës)

アルバニア西部の都市。アドリア海に面する。同国屈指の港湾を擁し、工業が盛ん。紀元前7世紀、古代ギリシャ人が建設した植民都市エピダムノスに起源する。古代ローマ時代はディラキウムと呼ばれ、内陸部に続くエニャティア街道の起点となり、交通の要所として栄えた。現在も円形劇場や城壁などの遺跡が残っている。市内には海水浴場があり、近年は海岸保養地としても知られる。ドゥレス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドゥラス

アルバニア西部,アドリア海岸の港湾都市。東方約35kmの首都ティラナの外港。商工業の中心で,造船・製粉・タバコ工業が行われる。前7世紀ギリシアの植民市として創建。
→関連項目ティラナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥラス【Durrës】

アルバニア中西部,アドリア海に臨む国内最大の海港で同名県の県都。人口8万5000(1990)。前625年ころにギリシア人が建設した町エピダムノスEpidamnosが起源で,ローマ帝国時代にはデュラキウムDyrrhachiumの名称で交通の要衝であった。現在の市名はこのラテン名に由来する。5世紀からビザンティン帝国,15世紀にはベネチア,16世紀以降オスマントルコに領有され,1913年にアルバニア公国領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドゥラスの関連キーワードアルバニアアドリアノープルカンパーニャアブルッツォバシュカモリーゼアドリア海襲撃指令アドリア海の復讐シュコダル[湖]プーリア[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥラスの関連情報