コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラス Durrës

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラス
Durrës

イタリア語ではドゥラッツォ Durazzo。アルバニア西部,ドゥラス地区の行政中心地。首都ティラナの西約 30km,アドリア海に面するアルバニア第1の港湾都市。紀元前7世紀にギリシアの植民地として建設され,ローマ帝国時代には,エルバサン,オフリッド湖を通ってセサロニキに達する軍事路の起点となり,西ローマ帝国の最も重要な港となった。ビザンチン領,ベネチア領,セルビア領などと支配者の変遷が激しく,1501~1913年オスマン帝国の支配下にあった。 13年には一時独立,アルバニアの首都と宣言された。第2次世界大戦中,ドイツ軍によって港湾施設が破壊されたが,戦後再建。製粉,製塩,たばこ,繊維の工場があり,造船所もある。第2次世界大戦後に建設された鉄道でティラナ,エルバサンと結ばれる。郊外にはローマの遺跡,海水浴場があり,夏季には観光客も多い。人口8万 5400 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドゥラス(Durrës)

アルバニア西部の都市。アドリア海に面する。同国屈指の港湾を擁し、工業が盛ん。紀元前7世紀、古代ギリシャ人が建設した植民都市エピダムノスに起源する。古代ローマ時代はディラキウムと呼ばれ、内陸部に続くエニャティア街道の起点となり、交通の要所として栄えた。現在も円形劇場や城壁などの遺跡が残っている。市内には海水浴場があり、近年は海岸保養地としても知られる。ドゥレス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドゥラス

アルバニア西部,アドリア海岸の港湾都市。東方約35kmの首都ティラナの外港。商工業の中心で,造船・製粉・タバコ工業が行われる。前7世紀ギリシアの植民市として創建。
→関連項目ティラナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥラス【Durrës】

アルバニア中西部,アドリア海に臨む国内最大の海港で同名県の県都。人口8万5000(1990)。前625年ころにギリシア人が建設した町エピダムノスEpidamnosが起源で,ローマ帝国時代にはデュラキウムDyrrhachiumの名称で交通の要衝であった。現在の市名はこのラテン名に由来する。5世紀からビザンティン帝国,15世紀にはベネチア,16世紀以降オスマン・トルコに領有され,1913年にアルバニア公国領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥラスの関連キーワードラスタクアレンボ県キッコー修道院ドゥラスノ県トリニダードホンジュラスドゥラスノリベラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドゥラスの関連情報