ドブガイ(英語表記)Anodonta woodiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドブガイ
Anodonta woodiana

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科。淡水産。長 13cm,殻高 8cm,殻幅 5cmに達し,最大個体は殻長 20cmにも及ぶ。殻は楕円形,薄質でこわれやすい。殻頂部はふくらむ。殻表は,幼貝では黄緑色で放射帯があるが,老成すると黒色になる。内面は強い真珠光沢がある。左右両殻の合せ目には歯状突起がない。日本全国,朝鮮半島,中国の池沼にすむ。なお,タナゴ類は本種の外套内に産卵する。また幼生グロキジウム魚類に付着して成長する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドブガイ

イシガイ科の淡水産二枚貝。高さ8cm,長さ13cm,幅5cm。殻は薄くて黒色,幼貝は黄緑色。内面は真珠光沢が強い。日本全土に分布し,河川,池沼の砂泥底にすむ。胎生で,幼生をグロキディウムといい,かぎ形突起で魚に付着。またタナゴは産卵管でこの貝の中に卵を産む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドブガイ
どぶがい / 土負貝
[学]Anodonta (Sinanodonta) woodiana

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科の二枚貝。ヌマガイともいう淡水産種で、日本各地、および朝鮮半島、中国大陸に広く分布し、池沼の泥底にすむ。殻長130ミリ、殻高80ミリ、殻幅50ミリに達し、殻は薄質で楕円(だえん)形をなす。殻頂部は丸く膨らみ、殻頂は前方に寄っている。前縁は丸く、背縁はわずかに湾曲し、後縁は広くて後腹方へ傾く。腹縁は弓状に湾曲し、後縁は細まるが丸い。表面は平滑で黒褐色を帯び、成長輪脈は弱い。内面は灰白色で虹(にじ)色に輝く真珠光沢がある。かみ合せには(こうし)がない。この貝の鰓室(さいしつ)にタナゴ類が産卵する。本種は、地方によっていくぶん型が異なっており、タガイはとくに前後に長い一型と考えられる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドブガイの関連情報