ドルトンの法則(読み)ドルトンノホウソク

世界大百科事典 第2版の解説

ドルトンのほうそく【ドルトンの法則】

1801年J.ドルトンによって見いだされた混合気体の分圧に関する法則。同温,同体積の二つの容器に別々の気体がp1,p2の圧力で占めるとき,二つの気体を混合して元と同じ体積に保てば,その全体の圧力は各気体単独のときの圧力(分圧)の和p1p2に等しい。この法則は何種類の気体に対しても適用できるが,厳密には理想気体に対してのみ成立し,実在の気体ではわずかなずれが認められる。物理化学,とくに化学熱力学でしばしば用いられる重要な法則である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドルトンのほうそく【ドルトンの法則】

混合気体の圧力(全圧)は、各成分気体がそれぞれ単独に、同温度で混合気体と同体積を占めるときに示す圧力(分圧)の和に等しい、という法則。分圧の法則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルトンの法則
どるとんのほうそく
Dalton's law

「混合気体の全圧は、成分気体の分圧の総和に等しい」という法則。そのために分圧の法則law of partial pressureともいう。1801年イギリスのJ・ドルトンの提出したものである。別の表現では「混合気体の体積は、これと同温・同圧下における気体のそれぞれの占める体積の和に等しい」ということになる。理想気体では、分子間の相互作用や分子の大きさを無視できるので、この法則は完全に成立する。化学熱力学においてよく利用される法則で、たとえば「質量作用の法則」は、この法則を基礎としている。なお「定比例の法則」「倍数比例の法則」「ヘンリーの法則」なども、広い意味でのドルトンの法則に含めてよぶことがあるので、誤解を避けるためには「ドルトンの分圧の法則」とよぶほうがよいであろう。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ドルトン の 法則(ほうそく)

一八〇一年、イギリスのドルトンが発見した気体の分圧に関する法則。数種の気体が混合しているとき、それらの間に化学変化が起こらないならば、混合気体の圧力は、それぞれの気体が単独の場合に示す圧力(分圧)の和に等しいというもの。分圧の法則。混合気体の法則。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のドルトンの法則の言及

【分圧】より

…たとえば,空気はほぼ窒素4容,酸素1容の混合物だから,1気圧の空気中の窒素気体の分圧は4/5気圧,酸素気体の分圧は1/5気圧となる。混合気体の圧力が分圧の和で与えられるとき,〈ドルトンの法則〉に従うという。混合によって化学反応を起こす気体(たとえばアンモニアと塩化水素ガス)はこの法則に従わない。…

※「ドルトンの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android