コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルトン・プラン(読み)ドルトンプラン

百科事典マイペディアの解説

ドルトン・プラン

米国のパーカースト女史〔1887-1959〕が1920年マサチューセッツ州ドルトンDalton市で創始した新教育法。個別学習法の一種で,教科別に実験室を設け,教師の助言のもとに生徒は自主的に学習する。各国に影響を与え,日本にも沢柳政太郎らが紹介。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルトン・プラン
どるとんぷらん
Dalton Laboratory Plan

アメリカの女流教育家パーカーストHelen Parkhurst(1887―1973)がマサチューセッツ州ドルトンのハイスクールにおいて実施した教育計画のことで、正式の名称はドルトン実験室案という。
 このプランは単なる教育課程や教授法の改革ではなく、学校生活の新しい方法の確立を目ざすもので、学校全体を一つの共同社会とし、「剛気なる人間」fearless human beingの育成を理想としていた。プランは、小学校4年以上の学年、学校に適用される。従来の教科を二群に分け、数学、歴史、理科、国語、地理、外国語を主要教科とし、音楽、図画、家庭、工作、体育などを副次教科とした。
 プランの特色は主要教科の学習にある。「実験室」とよばれる教科別の教室が設けられ、教具や参考書などが備えられ、教科担任の教師が配される。生徒は毎月1か月分の週ごとの学習割当を教師と相談のうえで決め、それを教師との契約という形で自ら責任をもって果たす。この学習割当に従って、午前中3時間、それぞれ任意の実験室に入って自学によって学習する。その後各学級に帰り、各自進度の確認、自己評価、困難点の相談・討議などを行う。午後は学級を単位とし副次教科を一斉に学習する。
 新教育運動のなかで注入主義教育を克服する大胆な試みとして、進歩的、積極的な役割を果たした。日本では大正自由主義教育運動で取り上げられたが、一部の私立校で行われるにとどまった。[森分孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android