コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルメッチ ドルメッチ Dolmetsch, Arnord

3件 の用語解説(ドルメッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルメッチ
ドルメッチ
Dolmetsch, Arnord

[生]1858.2.24. ルマン
[没]1940.2.28. ヘーズルミア
イギリスの古楽器奏者,音楽学者。ブリュッセル音楽院バイオリンを,ロンドン王立音楽院で作曲と指揮を学び,バイオリン教師をしていたが,古楽器に興味をいだき,収集,修復,製造し,それらの演奏に精力を注いだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドルメッチ【Arnold Dolmetsch】

1858‐1940
イギリスの古楽器研究家。第2次世界大戦バロック期以前の音楽の演奏や研究が一般化するが,彼はその先駆者であり,家族や弟子の協力を得てリコーダーリュートビオルクラビコードハープシコード等々の古楽器の復元・演奏・研究に生涯を捧げた。1929年研究と演奏助成のためのドルメッチ財団設立。またドルメッチ文庫は彼の収集・製作した古楽器のほか,未出版の手稿譜や初期印刷譜を多数含む。著書に《17,18世紀の演奏解釈》(1915。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルメッチ
どるめっち
Arnold Dolmetsch
(1858―1940)

フランス、スイスドイツボヘミアにも先祖をもつイギリスの古楽・古楽器研究家。フランスル・マンに生まれ、ロンドンのロイヤル音楽カレッジに学ぶ。音楽にゆかりの深い家庭環境に育ち、バロック以前の楽譜解読、楽器復原の努力を重ね、妻子・親類・知己とともに2週間ごとの演奏会を催した。リュート、ビオール、クラビコード、ハープシコードなどを扱ったばかりか、1926年までにはリコーダーをすべての寸法で整備し、音楽祭で実際に利用した。これが現在多くの国の学校教育や古楽演奏に使われているリコーダーの基礎となった。1929年、研究・演奏の助成を目的としたドルメッチ財団を設立。著書に『17、18世紀の演奏解釈』(1915)がある。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルメッチの関連キーワードヘーグ連合軍福祉社会BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)ワイアー・フォックス・テリアリデル・ハート《世界大戦の起源に関するイギリス外交文書》《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone