ドルメッチ(読み)どるめっち(英語表記)Arnold Dolmetsch

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドルメッチ」の解説

ドルメッチ
どるめっち
Arnold Dolmetsch
(1858―1940)

フランス、スイス、ドイツ、ボヘミアにも先祖をもつイギリス古楽古楽器研究家。フランスのル・マンに生まれ、ロンドンのロイヤル音楽カレッジに学ぶ。音楽にゆかりの深い家庭環境に育ち、バロック以前の楽譜解読、楽器復原の努力を重ね、妻子・親類・知己とともに2週間ごとの演奏会を催した。リュート、ビオールクラビコード、ハープシコードなどを扱ったばかりか、1926年までにはリコーダーをすべての寸法で整備し、音楽祭で実際に利用した。これが現在多くの国の学校教育や古楽演奏に使われているリコーダーの基礎となった。1929年、研究・演奏の助成を目的としたドルメッチ財団を設立著書に『17、18世紀の演奏解釈』(1915)がある。

[山口 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドルメッチ」の解説

ドルメッチ
Dolmetsch, Arnord

[生]1858.2.24. ルマン
[]1940.2.28. ヘーズルミア
イギリスの古楽器奏者,音楽学者。ブリュッセル音楽院バイオリンを,ロンドン王立音楽院で作曲指揮を学び,バイオリン教師をしていたが,古楽器に興味をいだき,収集修復,製造し,それらの演奏に精力を注いだ。 1916年,ヘーズルミアに古楽器研究のセンターを設立。主著『十七,八世紀の演奏解釈』 The Interpretation of Music of the 17th and 18th Centuries。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ドルメッチ」の解説

ドルメッチ【Arnold Dolmetsch】

1858‐1940
イギリスの古楽器研究家。第2次世界大戦後バロック期以前の音楽の演奏や研究が一般化するが,彼はその先駆者であり,家族や弟子の協力を得てリコーダー,リュート,ビオル,クラビコード,ハープシコード等々の古楽器の復元・演奏・研究に生涯を捧げた。1929年研究と演奏助成のためのドルメッチ財団設立。またドルメッチ文庫は彼の収集・製作した古楽器のほか,未出版の手稿譜や初期印刷譜を多数含む。著書に《17,18世紀の演奏解釈》(1915。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android