コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレンチャー drencher

翻訳|drencher

百科事典マイペディアの解説

ドレンチャー

消火設備の一種。公設水道,高架タンク,消火ポンプなどの給水源から建物内に給水管→制御弁→配水管の順で水を導入し,配水管の先にヘッド(散水口)を取り付けたもの。火災時に制御弁をあけると圧力水が屋根,窓,壁などに散水し水膜を形成,延焼を防ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドレンチャー【drencher】

消火設備の一つ。隣接建物あるいは建物外部からの火災による延焼から建物外壁を防護するために水の幕を張る装置。水を噴霧する先端部(ドレンチャーヘッドという)と配管部,加圧部からなっている。屋外に設けたドレンチャーヘッドから水滴を外壁,窓などにまんべんなく一面に吹きつけ,火災による放射熱を水滴の蒸発熱として吸収させ,外壁面温度の上昇を防ぐ。そのため,水が外壁面をつねに湿らせて温度上昇を防いでいることがたいせつであり,ただ水幕を作るだけでは放射熱を防ぎきれないので,大量の水が必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドレンチャー【drencher】

防火設備の一。類焼・延焼を防ぐために、圧力水を放水して建物の周りに水幕を張る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレンチャー
どれんちゃー
drencher

建物外周部からの火災の場合に、建物への延焼を防ぐため、軒先や開口部などから水を出して建物全体を水幕で包む防火装置の一種。構造は、建物の軒先や開口部に配管して、水槽の水をポンプによって圧力をつけて送水し、特殊な放水口から散水する。建物上部から水がカーテン状に勢いよく出るものや、下から噴き上げるものなどがあり、微粒子状、大量の水幕で建物全体を覆うことにより、冷却効果、熱遮断効果がよく、建物を外周の火災から保護することができる。日本では、重要文化財に指定された社寺・仏閣などに多く取り付けられている。[東京消防庁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドレンチャーの関連キーワードスプリンクラー類焼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドレンチャーの関連情報