コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロワーズ

3件 の用語解説(ドロワーズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドロワーズ

腰まわりのゆったりした半ズボン状の女性の下ばき。長くふくらんだスカートの時代にはその下にはいていた。日本ではズロースとなまって呼ばれたが,丈が短く裾にゴムを入れたブルーマーズに近いもので,1923年の関東大震災と1932年の白木屋の火事が端緒になって普及しはじめ,現在のようなショーツが普及するまで広く用いられた。
→関連項目下着白木屋[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

ドロワーズ(drawers)

《「ドローワーズ」「ドロアーズ」とも》
女性用の下着の一。股下が長くゆったりした形のもの。ズロース。
ドロワー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドロワーズ【drawers】

腰から大腿部をおおうゆったりした半ズボン状の下ばき。日本ではなまってズロースと呼び慣わしてきた。男女ともに用い,ブリーフパンティに比べて股下が長く,太股までのもの,膝丈のものなど各種ある。古代ローマから中世にかけて男性が着用したブラコbracoという脚衣に由来する。ズボンの前身ともなったブラコはウエストベルト締めし,膝丈や足首までのもの,上衣にひもでつるすものなどが見られた。16世紀にはドロワーズと呼ぶようになり,膝丈のものが普通になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドロワーズの関連キーワードズボン吊りスラックスパジャマカルソンズボン下半ズボン替ズボンニッカーボッカー大腿静脈乗馬ズボン (breeches)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロワーズの関連情報