コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロワーズ

3件 の用語解説(ドロワーズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドロワーズ

腰まわりのゆったりした半ズボン状の女性の下ばき。長くふくらんだスカートの時代にはその下にはいていた。日本ではズロースとなまって呼ばれたが,丈が短く裾にゴムを入れたブルーマーズに近いもので,1923年の関東大震災と1932年の白木屋の火事が端緒になって普及しはじめ,現在のようなショーツが普及するまで広く用いられた。
→関連項目下着白木屋[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドロワーズ【drawers】

腰から大腿部をおおうゆったりした半ズボン状の下ばき。日本ではなまってズロースと呼び慣わしてきた。男女ともに用い,ブリーフパンティに比べて股下が長く,太股までのもの,膝丈のものなど各種ある。古代ローマから中世にかけて男性が着用したブラコbracoという脚衣に由来する。ズボンの前身ともなったブラコはウエストベルト締めし,膝丈や足首までのもの,上衣にひもでつるすものなどが見られた。16世紀にはドロワーズと呼ぶようになり,膝丈のものが普通になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロワーズの関連情報