コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・バロア ド・バロア De Valois, Dame Ninette

3件 の用語解説(ド・バロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・バロア
ド・バロア
De Valois, Dame Ninette

[生]1898.6.6. ウィックロー,ブレッシングトン
[没]2001.3.8. ロンドン
アイルランド生れのイギリスの舞踊家,振付師。ロイヤル・バレエ団の創立者。本名 Edris Stannus。 E.チェケッティらに師事し,1914年ロンドンでデビューコベントガーデンバレエ・リュスなどで踊り,26年バレエ学校を開設した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ド・バロア

英国の女性舞踊家,振付家。アイルランド生れ。ロンドンでチェケッティらにバレエを学ぶ。1923年―1926年ディアギレフの〈バレエ・リュッス〉に参加。1931年ビック・ウェルズ・バレエ団(のちのローヤル・バレエ団)を設立,1963年に引退するまでディレクターを務め,バレエ後進国であった英国のバレエの発展に力を尽くし,多くの後継者を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・バロア
どばろあ
Dame Ninette De Valois
(1898―2001)

イギリスのバレリーナ、舞踊教師、振付師。本名はEdris Stannus。アイルランド生まれ。チェケッティらに師事、1914年にロンドンでデビューした。コベント・ガーデン王立歌劇場を経て、23~25年ディアギレフロシア・バレエ団メンバーになり、『カルナバル』『牝鹿(めじか)』などを踊った。1926年ロンドンにバレエ学校を開き、30年にカマルゴ協会を創設。31年ビッグ・ウェルズ(後のサドラーズ・ウェルズ、現在のロイヤル)・バレエ団を組織し、長くその芸術監督を務め、後れていたイギリスのバレエを再生させた功績は大きく、63年ロイヤル・バレエ団の監督引退後、生涯理事の名誉職につき、後進の指導にあたった。50年レジオン・ドヌール勲章受章、51年デームの称号を受ける。『チェックメイト』『放蕩児(ほうとうじ)の遍歴』などの振付け作品がある。著書に『バレエへの招待』(1937)などがある。[國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ド・バロアの関連キーワードアイルランドアイルランド海北アイルランド紛争ニジンスカ愛蘭シンフェイン党アイルランドの子守唄インドの舞姫アイルランド[島]ド・バロア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone