コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーア Ronald Philip Dore

大辞林 第三版の解説

ドーア【Ronald Philip Dore】

1925~ ) イギリスの社会学者。日本の都市や企業を調査し、日本人の生活や日本的経営について考察した。著「都市の日本人」「イギリスの工場・日本の工場」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーア
どーあ
Ronald Philip Dore
(1925― )

イギリスの社会学者。日本研究家としても著名である。イングランドボーンマス生まれる。ロンドン大学の東洋・アフリカ研究学院で日本研究を専攻、卒業後母校で講師を務める。ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)などの准教授を経て、1982年からは長くロンドン大学の教授を務めた。日本で最初に訳された『都市の日本人』(1958)では、東京都心に近い一つの町を取り上げて、そこに居住しながら調査し、日本人の生活実態、生活様式生活態度を微細に浮かび上がらせることに成功した。またその後の『イギリスの工場・日本の工場』(1973)では、日立製作所イングリッシュエレクトリック社(1968年、ゼネラル・エレクトリック社に吸収合併)を取り上げて克明な調査分析を進め、日本的経営の特質をみごとに描き出した。また日本を含めた比較分析によって学歴社会の病患を描き出し、その改善策を提言した『学歴社会 新しい文明病』(1976)は、知日派知識人としての面目を示すものである。ほかに『21世紀は個人主義の時代か』(1991)、対談集『日本との対話』(1994)、『日本型資本主義市場主義の衝突』(2000)などがある。[元島邦夫・原 純輔]
『青井和夫・塚本哲人訳『都市の日本人』(1962・岩波書店) ▽R・P・ドーア著、並木正吉・高木径子・蓮見音彦訳『日本の農地改革』(1965・岩波書店) ▽R・P・ドーア著、松居弘道訳『江戸時代の教育』(1970・岩波書店) ▽松居弘道訳『学歴社会 新しい文明病』(1978・岩波書店/2008・岩波モダンクラシックス) ▽加藤幹雄訳『21世紀は個人主義の時代か――西欧の系譜と日本』(1991・サイマル出版会) ▽ロナルド・ドーア、深田祐介著『日本型資本主義なくしてなんの日本か』(1993・光文社) ▽ロナルド・ドーア著『「こうしよう」と言える日本』(1993・朝日新聞社) ▽ロナルド・ドーア著『不思議な国 日本』(1994・筑摩書房) ▽ロナルド・ドーア編『日本との対話――不服の諸相』(1994・岩波書店) ▽青木昌彦、ロナルド・ドーア編、NTTデータ通信システム科学研究所訳『国際・学際研究 システムとしての日本企業』(1995・NTT出版) ▽ロナルド・ドーア著『「公」を「私」すべからず――やっぱり不思議な国日本』(1997・筑摩書房) ▽ロナルド・ドーア著、藤井眞人訳『日本型資本主義と市場主義の衝突――日・独対アングロサクソン』(2001・東洋経済新報社) ▽R・P・ドーア著、田丸延男訳『貿易摩擦の社会学――イギリスと日本』(岩波新書) ▽山之内靖・永易浩一訳『イギリスの工場・日本の工場――労使関係の比較社会学』上下(ちくま学芸文庫) ▽ロナルド・ドーア著、石塚雅彦訳『働くということ――グローバル化と労働の新しい意味』(中公新書) ▽ロナルド・ドーア著『誰のための会社にするか』(岩波新書) ▽ロナルド・ドーア著『金融が乗っ取る世界経済――21世紀の憂鬱』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドーアの関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーアの関連情報