コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウムブルク大聖堂 ナウムブルクだいせいどうNaumburger Dom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナウムブルク大聖堂
ナウムブルクだいせいどう
Naumburger Dom

ドイツ,ナウムブルクアンデアザーレにある大聖堂。聖ペテロと聖パウロに捧げられた。 12~14世紀に造営され,後期ロマネスク風に次第に拡張され,ゴシック様式に増改築が行われた。交差ボールト (穹窿) と尖塔をもち,祭壇を東西に2つ備えた三廊式のバシリカ式に形成される。内部もゴシック風に構成され,西内陣の仕切り柵にはキリスト伝の浮彫,西祭壇には『エッケハルトとウタの像』 Ekkehard und Uta (1250頃) など 12体の人像彫刻が飾られている。ドイツ・ゴシック彫刻の代表作で,作者は「ナウムブルクの作家」と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナウムブルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ナウムブルク大聖堂】

Naumburger Dom》ドイツ中東部、ザクセン‐アンハルト州の都市、ナウムブルクにある大聖堂。正式名称は聖ペーターとパウル教会。創建は11世紀。ロマネスク様式からゴシック様式への移行期にあたる教会建築として知られる。13世紀に制作された寄進者の等身大の石像が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナウムブルク大聖堂【ナウムブルクだいせいどう】

ドイツ,チューリンゲン地方のナウムブルクNaumburgにある大聖堂。二重内陣式,4塔の十字形会堂で,1220年ころ着工,のちゴシック的要素を加えながら増改築された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ナウムブルク大聖堂の関連キーワードステンドグラスドイツ美術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android