コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナズナ

4件 の用語解説(ナズナの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ナズナ

 [Capsella bursa-pastoris].フウチョウソウアブラナ科ナズナ属の越年草.草丈30〜50cmになる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナズナ

日本全土,北半球に広く分布し,日当りのよい路傍や畑に多いアブラナ科の二年草。根出葉は羽状に深裂し,茎葉は基部が矢じり形で茎を抱く。春,高さ10〜40cmの花茎を立て,上方に小さい白色の4弁花を多数開き,のちに倒三角形の果実を結ぶ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナズナ【shepherd’s‐purse】

春の田畑や道端に普通に見られるアブラナ科の越年草(イラスト)。漢名は薺(せい)。根出葉は羽状に大小,不規則に深く切れ込み,冬の間は地表にくっついて,ロゼット状である。春になると直立した茎が伸びて,その先に総状花序を作って,白い小型の十字花を多数つける。全体にまばらに毛があり,根出葉には柄があるが,茎の葉は柄がなくて,基部で茎を抱く。果実は長い柄があり,倒三角形で,三味線のばちを思わせるところから,ペンペングサとも呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナズナ
なずな / 薺
[学]Capsella bursa-pastoris Medik.

アブラナ科の越年草。茎は高さ10~40センチメートル、下方で分枝する。根際の葉はロゼット状で羽状に深く裂け、有柄。茎葉は披針(ひしん)形で鋸歯(きょし)があり無柄、基部は矢じり形で茎を抱く。茎、葉ともに単毛と星状毛を混生する。3~5月、総状花序をつくり、白色の小花を多数開く。花弁は倒卵形でつめがある。果実は扁平(へんぺい)な倒三角形で長さ6~7ミリメートル、無毛で果柄は細長い。果実の形が三味線の撥(ばち)に似ており、果実を茎から少しはがしてくるくる回すと、「ペンペン」と音がするので、これを三味線をひく音に例えてペンペングサともいう。田畑、道端などに普通にみられる雑草であり、春の七草の一つに数えられ、若葉は七草粥(がゆ)などの食用とする。全草を止血、止瀉(ししゃ)などに用いる。ナズナ属は世界に5種、日本に1種あり、北半球に広く分布する。[小林純子]

文化史

日本では雑草だが、中国では野菜の一つで、(チーツァイ)とよばれ、葉が厚く鋸歯の浅い板葉(パンイエ)菜(大葉(ターイエ)菜)や葉の細い散葉(サンイエ)菜(百脚(パイチヤオ)菜、花葉(ホワイエ)菜)などの品種があり、上海(シャンハイ)あたりでは周年出荷されている。中国の利用の歴史は古く、6世紀の『斉民要術(せいみんようじゅつ)』に、あつものの実に使うと載る。日本では平安時代初期の『新撰字鏡(しんせんじきょう)』(901ころ)に薺(なずな)、甘奈豆奈(あまなずな)の名で初見し、『延喜式(えんぎしき)』(927)には雑菜としてあがる。春の七草「セリ、ナズナ、オギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロこれぞ七草」の原形は、『年中行事秘抄』(永仁(えいにん)年間1293~99に成立か)で、薺で始まり、(はこべら)、芹(せり)、菁(すずな)、御形(おぎょう)、須々代(すずしろ)、佛座(ほとけのざ)と続く。江戸時代は陰暦4月8日にナズナを行灯(あんどん)につるして、虫除(むしよ)けのまじないにした。
 ナズナの語源は、夏にない夏無(なつな)から由来(『日本釈名(しゃくみょう)』)、愛する菜の撫菜(なでな)(『和訓栞(わくんのしおり)』)などの説がある。また、朝鮮古語でははナジnaziで、これに日本語の菜(な)がついたナジナが語源とする見解もある(小倉進平(おぐらしんぺい)『朝鮮語方言の研究』)。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナズナの関連情報