ナタネ

栄養・生化学辞典の解説

ナタネ

 [Brassica napus],フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の植物で,種子から油をとり,またその粕を家畜の飼料とする.脂肪はエルカ酸を含むので,食用の障害になっていたが,カナダでエルカ酸の少ない品種 (キャノーラ)が開発されて,広く用いられるようになった.ナタネ粕のもう一つの障害であったグルコシノレートも,キャノーラ種では少なく,粕の利用性も向上した.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナタネの関連情報