コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタネ

栄養・生化学辞典の解説

ナタネ

 [Brassica napus],フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の植物で,種子から油をとり,またその粕を家畜の飼料とする.脂肪はエルカ酸を含むので,食用の障害になっていたが,カナダでエルカ酸の少ない品種 (キャノーラ)が開発されて,広く用いられるようになった.ナタネ粕のもう一つの障害であったグルコシノレートも,キャノーラ種では少なく,粕の利用性も向上した.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナタネ

アブラナ(油菜)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナタネ
なたね

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナタネの関連キーワード遺伝子組み換え(GM)作物マルセルセッケン(石鹸)遺伝子組み換えナタネ青森県上北郡横浜町キャノーラミール農産物価格安定法セイヨウアブラナカンペステロールバイオディーゼルナタネ(菜種)油プロゴイトリンナタネ(菜種)春まき(播)性キャノーラ油七味唐辛子有胚乳種子リノール酸串良[町]オレイン酸油糧種子

ナタネの関連情報