コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタネ ナタネ

3件 の用語解説(ナタネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナタネ
ナタネ

「アブラナ (油菜)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ナタネ

 [Brassica napus],フウチョウソウアブラナ科アブラナ属の植物で,種子から油をとり,またその粕を家畜の飼料とする.脂肪はエルカ酸を含むので,食用の障害になっていたが,カナダでエルカ酸の少ない品種 (キャノーラ)が開発されて,広く用いられるようになった.ナタネ粕もう一つの障害であったグルコシノレートも,キャノーラ種では少なく,粕の利用性も向上した.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナタネ
なたね

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナタネの関連キーワード濱ふうふうタイサイタカナトウナミズナルタバガBrassica campestrisBrassica nigraBrassica oleracea

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナタネの関連情報