コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタール Natal

翻訳|Natal

3件 の用語解説(ナタールの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ナタール【Natal】

ブラジルの北東端部、大西洋に面する港湾都市。綿花・砂糖・コーヒーなどの輸出が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナタール

ブラジル北東部,リオ・グランデ・ド・ノルテ州の州都。19世紀に築港され,アフリカへの最短距離にあるため,大西洋横断海空路の要地となり,急速に発展している。16世紀末要塞として創設。
→関連項目グレート・トレック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナタール【Natal】

ブラジル北東部のリオグランデ・ド・ノルテ州の州都。人口45万9827(1991)。ポテンジ川河口に位置し,16世紀末フランス人などの外敵に備えた要塞として建設された。特別な産業はなく,19世紀に築港されるまで停滞していた。南北アメリカの中央,アフリカへの最短距離(セネガル共和国のダカールまで2990km)に位置する良港で,地政学上,また大西洋制海権を考えるうえで重要である。第2次大戦中は連合国側の重要な基地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナタールの関連キーワードアクレナタルリオグランデリオグランデ川リオグランジドノルチリオグランデドスルリオグランデドノルテノルデステフェルナンド・デ・ノロニャ[諸島]リオ・グランデ・ド・スル[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナタールの関連情報