コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツトウダイ ナツトウダイ

3件 の用語解説(ナツトウダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツトウダイ
ナツトウダイ

「トウダイグサ (灯台草)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナツトウダイ

トウダイグサ科の多年草北海道〜九州,東アジアに分布。茎は直立し,高さ約30cm,細長い楕円形の葉を互生,切れば乳汁が出る。4〜7月,卵形の総包のある,トウダイグサに似た杯状花序を出し,多数の雌花と雄花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツトウダイ
なつとうだい / 夏灯台
[学]Euphorbia sieboldiana Morr. et Decne.

トウダイグサ科の多年草。茎は直立して高さ20~40センチメートル、毛はなく紅色を帯びる。傷つけると白液を出し、有毒。葉は倒披針(とうひしん)形で先は丸く、基部はしだいに狭まり、茎の下部ではまばらに互生、茎頂では5枚輪生する。総包葉は三角形または三角状卵形で緑色。4~6月、まばらな杯状花序をつくる。腺体(せんたい)は三日月形で両端は細くとがり、暗赤紫色。(さくか)は平滑で径3ミリメートル、種子は広卵形で平滑。丘陵地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、南千島、南樺太(からふと)(サハリン)に分布する。
 江戸時代、この根を甘遂(かんすい)とよんで薬用として用いたが、真の甘遂は中国産のユーフォルビア・カンスイE. kansui Liou.の根で、古くから腎炎(じんえん)の浮腫(ふしゅ)、肝硬変の腹水などの治療に用いた。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナツトウダイの言及

【トウダイグサ】より

…中国では大戟(たいげき)といい,根を利尿剤とする。ナツトウダイE.sieboldiana Morr.et Decne.は日本全土の丘陵地に産する多年草。高さ30cm内外。…

※「ナツトウダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナツトウダイの関連キーワード小髭高灯台灯台草夏灯台細藺アカソダイモンジソウノウルシフサモマムシグサ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone