コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツトウダイ

百科事典マイペディアの解説

ナツトウダイ

トウダイグサ科の多年草,北海道〜九州,東アジアに分布。茎は直立し,高さ約30cm,細長い楕円形の葉を互生,切れば乳汁が出る。4〜7月,卵形総包のある,トウダイグサに似た杯状花序を出し,多数の雌花雄花をつける。腺体は紅紫色で三日月形。果実には長い柄があり,球形で,熟すと3裂する。有毒植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツトウダイ
なつとうだい / 夏灯台
[学]Euphorbia sieboldiana Morr. et Decne.

トウダイグサ科の多年草。茎は直立して高さ20~40センチメートル、毛はなく紅色を帯びる。傷つけると白液を出し、有毒。葉は倒披針(とうひしん)形で先は丸く、基部はしだいに狭まり、茎の下部ではまばらに互生、茎頂では5枚輪生する。総包葉は三角形または三角状卵形で緑色。4~6月、まばらな杯状花序をつくる。腺体(せんたい)は三日月形で両端は細くとがり、暗赤紫色。(さくか)は平滑で径3ミリメートル、種子は広卵形で平滑。丘陵地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、南千島、南樺太(からふと)(サハリン)に分布する。
 江戸時代、この根を甘遂(かんすい)とよんで薬用として用いたが、真の甘遂は中国産のユーフォルビア・カンスイE. kansui Liou.の根で、古くから腎炎(じんえん)の浮腫(ふしゅ)、肝硬変の腹水などの治療に用いた。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナツトウダイの言及

【トウダイグサ】より

…中国では大戟(たいげき)といい,根を利尿剤とする。ナツトウダイE.sieboldiana Morr.et Decne.は日本全土の丘陵地に産する多年草。高さ30cm内外。…

※「ナツトウダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android