コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトゥフ文化 ナトゥフぶんか Natufian culture

3件 の用語解説(ナトゥフ文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナトゥフ文化
ナトゥフぶんか
Natufian culture

パレスチナの中石器文化主としてイスラエルシリア地中海沿岸とヨルダン渓谷に分布するが,近年の調査により,南部の砂漠地帯やユーフラテス川周辺にまで広がっていたことが確認されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナトゥフ文化【ナトゥフぶんか】

パレスティナを中心に洪積世末期に栄えた中石器時代文化。エルサレム北西方のワディ・エン・ナトゥフWadi en-Natufで発見された。細石器骨角器が発達。文化は3期に分けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナトゥフぶんか【ナトゥフ文化】

パレスティナの地中海性気候地域を中心にみられる中石器文化。最初の発見地ワディ・エン・ナトゥフWadi en‐Natuf(Wādī al‐Natūf)遺跡にちなみ名づけられた。レバント地方全域に類似の文化がみられるが,典型的な文化内容をもつものは,地中海性気候地帯が主である。ナトゥフ文化の起源については諸説あったが,今日ではこの地域の後期旧石器時代の文化から,ケバラー文化ジオメトリック・ケバラー文化を経てナトゥフ文化に至る過程が明らかにされており,パレスティナの地中海性気候地域での自生説が有力になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナトゥフ文化の言及

【中石器時代】より

… 西アジアにおいては,ヨーロッパほど森林化への変化が顕著でなかったため,別な発展を遂げた。レバント地方を中心に分布する中石器時代のナトゥフ文化は,半月形の細石器,石刃,石皿,石杵などの石器群をともなっている。石刃の側縁には,穀草の刈取り時に付着した草の汁による光沢が残っている。…

※「ナトゥフ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナトゥフ文化の関連キーワード温帯気候聖書考古学ダルウィーシュ地中海性気候冷帯気候ワインランド地中海気候パレスティナ解放機構パレスティナ戦争《パレスティナの殉教者たち》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone