コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビ派 ナビはLes Nabis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナビ派
ナビは
Les Nabis

1880年代末から 90年代にかけてゴーガンの崇拝者である P.セリュジエ,J.ビュイヤール,P.ボナール,M.ドニ,P.ランソン,K.ルッセルらがパリで結成した芸術家のグループ。この派の前身といえるものにポンタベン派がある。 91年パリで第1回展を開き,絵画のほか版画,彫刻,挿絵,舞台装置,衣装なども制作した。彫刻家では A.マイヨールや G.ラコーンブが参加している。「ナビ」はヘブライ語で「預言者」の意味であり,神秘学や神智学に興味をもつセリュジエ,あるいは仲間の詩人カザリスの命名とされ,このグループの象徴主義的性格を表現している。またその動きは印象主義からフォービスムへの橋渡しとなり,20世紀絵画の動向を方向づけるものであった。 20世紀に入ると成員各自は独自の方向に自己の芸術を発展させ,グループは消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナビ派【ナビは】

1890年―1900年ころに活動したフランスの画派。〈ナビNabis〉は元来ヘブライ語で〈預言者〉の意。セリュジエを中心に,ドニボナールビュイヤールらがゴーギャンの影響を受けて結成した。
→関連項目アンティミスムカリエールクロアゾニスムマイヨール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナビは【ナビ派 Nabis】

カトリック精神および象徴主義の色彩が強い,フランス19世紀末の画家グループ。1888年,パリのアカデミー・ジュリアンの画学生であったドニセリュジエを中心に形成された。〈預言者〉を意味するヘブライ語nāḇî’にちなんだグループ名はセリュジエの命名になる。最初のメンバーは上記2人のほか,ボナール,ビュイヤール,イベルHenri‐Gabriel Ibels(1867‐1936),ピオRené Piot(1869‐1934),ランソンPaul Ranson(1864‐1909),ルーセルKer Xavier Roussel(1867‐1944)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ナビは【ナビ派】

ゴーガンの芸術観の影響下に、1890年代のフランスでドニ・セリュジエを中心に結成された画家集団。神秘主義的かつ装飾的な画面構成が特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナビ派
なびは
les Nabis

19世紀末、ゴーギャンの美学に共鳴してパリで結成された、反自然主義の画家グループ。1888年の秋、ポール・セリュジエはブルターニュ地方のポンタバンで、ゴーギャンの革新的な教えに従って、大胆な色彩と平面的な描法による一枚の風景画を制作。その体験をパリに戻ってアカデミー・ジュリアンの若い画家たちに伝えたことに端を発して、新しいグループが形成された。セリュジエのほか、ドニ、ポール・ランソン、アンリ・イベルス、ボナール、ケル・グザビエ・ルーセル、ビュイヤールらがそのメンバーとなり、その後さらに、ヤン・フェルカーデ、彫刻家のジョルジュ・ラコンブ、リップル・ロナイ、当時画家であったマイヨール、バロットンらがそれに加わった。「ナビ」とはヘブライ語で「預言者」を意味するが、こうした一般には理解しがたいことばを名称とすることに、このグループの神秘主義的傾向をうかがうことができよう。事実、熱烈なカトリック信者であり、神智(しんち)学や神秘哲学に通じていたドニ、セリュジエ、ランソンらは、ナビ派の運動にとりわけ神秘的・宗教的趣(おもむき)を与えた。しかし、ボナール、ルーセル、ビュイヤールらはそうした傾向からやや距離を置いていた。ナビ派は1891年から99年にかけてル・バルク・ド・ブットビル画廊などでグループ展を開催。その美学は、ゴーギャンをはじめ、ルドンやピュビス・ド・シャバンヌ、さらには浮世絵版画などの影響を受け、反自然主義的・装飾的・象徴主義的なものであり、造形要素の自律性を強調した平面的で大胆な画面構成によって、近代絵画の基本的方向を示した。また彼らは雑誌『ルビュ・ブランシュ』とも関係をもち、絵画のみならず、ポスター、挿絵、舞台装置や衣装のデザインにも手を染めた。ナビ派の運動は世紀末の10年余り続き、その後、各作家はそれぞれ独自の道を歩んで、運動は自然解消した。[大森達次]
『レナータ・ネグリ著、若桑みどり訳『現代の絵画8 ボナールとナビ派』(1974・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナビ派の言及

【ポンタベン派】より

…個々の画風の違いはあるものの,浮世絵版画,エピナル版画,ステンド・グラス等から想を得た〈クロアゾニスムcloisonnisme(区分主義)〉――隈取りのある平坦な色面を主体にした画面構成――により,宗教性と装飾性を調和させた内省的かつ音楽的な画面を目ざした点に大きな特徴がある。こうした絵画観はセリュジエを通じてドニをはじめとするパリの画家たちに受けつがれ,ナビ派の結成を促すことになった。【本江 邦夫】。…

※「ナビ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナビ派の関連キーワードモーリス・ブレージル プレンダギャストヨージェフ リップル・ローナイケル・グザヴィエ ルーセルアリスティード マイヨールエドゥワール ビュイヤールピュビス・ド・シャバンヌピュビス・ド・シャバンヌモーダーゾーン=ベッカーポール セリュジェピエール ボナールアール・ヌーボーヤウレンスキーポンタバン派セザンヌ礼賛近代美術総合主義ボラールコンダー様式

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナビ派の関連情報