コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポリ派 ナポリは

世界大百科事典 第2版の解説

ナポリは【ナポリ派】

イタリアのナポリを中心として近世に展開された画派。ナポリにおける美術活動が一つの派と呼びうるほどの隆盛を見たのはバロック時代においてであり,ナポリ派とは17世紀に同地で活動した画家を総称していう場合が多い。ナポリは17世紀にはスペイン出身の副王が治めており,国際的な交流の場であった。1607年および10年にカラバッジョが滞在したことが,当地の芸術家にとって大きな刺激となり,彼の影響下に,カラッチョロGiovanni Battista Caracciolo(通称バッティステロBattistello。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナポリ派
なぽりは
scuola napolitana

イタリアのナポリで活躍した画家の一派。ナポリでは14世紀から優れた芸術活動がみられるが、ずっと他の都市の美術家に依存していた。ナポリ出身の画家が出て、独自の画派が形成されたのは、バロック時代になってからである。このナポリ絵画の発展に大きな役割を果たしたのがカラバッジョであった。彼は1606~07年と09年にごく短い期間滞在したにすぎないが、その影響は大きく、カラッチョロG. B. Caracciolo(1570/75―1637)、スペイン生まれのホセ・デ・リベラ、スタンツィオーネMassimo Stanzione(1585―1656)といった、いわゆるカラバッジョ派の画家が育った。彼らはカラバッジョ風の写実描写と明暗のコントラストを強調した画法をもとに、ナポリらしい体質を感じさせる独自の絵画を描いた。とりわけスペインの民衆的感覚を反映したリベラの写実的作品は高く評価されている。
 このほかには、叙情的でやや女性的な作風で際だつカバッリーノBernardo Cavallino(1616―56)や、ロマン主義的風景画で後世に大きな影響を与えたローザSalvator Rosa(1615―73)が重要である。さらに、これらの画家たちのあとに優れたフレスコ装飾画家ルカ・ジョルダーノLuca Giordano(1634―1705)が出た。彼は「早描き」で知られ、フィレンツェやマドリードをはじめ各地で活躍した。そして、ナポリ・バロック絵画の最後の巨匠となったのがソリメーナFrancesco Solimena(1657―1747)である。彼ののち、つまり18世紀の後半以降はめぼしい画家は出ていない。なお、ルカ・フォルテLuca Forte(17世紀前半に活躍)やジュゼッペ・レッコGiuseppe Recco(1634―95)らによるナポリ派の静物画も注目に値する。[石鍋真澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナポリ派の言及

【ローザ】より

…イタリアのナポリ派の画家。ナポリ近郊に生まれる。…

※「ナポリ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナポリ派の関連キーワードアントーニオ マンチーニハンブルク・オペラオペラ(舞台芸術)スカルラッティ序曲(音楽)ボノンチーニバロック音楽ペルゴレーシエビ足の少年ジョルダーノヨンメッリナポリ王宮カンタータローザベリオレオ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android