コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナメクジウオ(蛞蝓魚) ナメクジウオBranchiostoma belcherii

世界大百科事典 第2版の解説

ナメクジウオ【ナメクジウオ(蛞蝓魚) Branchiostoma belcherii】

頭索綱ナメクジウオ科の原索動物(イラスト)。200年ほど前にイギリスでこの類が初めて発見されたときに軟体動物のナメクジに似ているとされたため,日本でもこの名が使われるようになった。無脊椎動物から脊椎動物へ移行する過程にある動物として重要である。相模湾から九州沿岸に分布し,透水性がよい有機物の少ない粗い砂地に生息する。ふつう,昼間は砂の中に潜り,口だけを砂上にだしているが,夜は砂上にでて体を左右に曲げて短距離を敏しょうに移動することもする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナメクジウオ(蛞蝓魚)の言及

【血管系】より

…えら呼吸をする他の脊椎動物の血管系もほぼ同様である。 このような脊椎動物の血管系の原型を原索動物ナメクジウオにみることができる(図5)が,大動脈から出る体壁の分節動脈はいまだ静脈と連絡する循環路を形成していないし,前後の主静脈は生殖巣からの血液を受けキュビエ管も原始的状態にある。循環の中心となる心臓に対し最も末梢に位置する本来の毛細血管にあたるものは,背側大動脈の枝に続く毛細血管である。…

【骨格】より

脊索というのは系統発生的に最も原始的な段階で,特殊な細胞が集まってできた柔軟単純な棒状体をなし,体の中軸をつくっている。原索動物の被囊類(ホヤの類)の幼生やナメクジウオに見られる(図1)。軟骨および骨という組織は脊椎動物特有のもので,軟骨性骨格は板鰓(ばんさい)類(サメやエイの類)に,骨性骨格は硬骨魚類以上の脊椎動物のほとんどすべてに見られる。…

※「ナメクジウオ(蛞蝓魚)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android