コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンジャモンジャゴケ ナンジャモンジャゴケTakakia lepidozioides

3件 の用語解説(ナンジャモンジャゴケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンジャモンジャゴケ
ナンジャモンジャゴケ
Takakia lepidozioides

タイ類ナンジャモンジャゴケ科の1種。高山帯の岩隙に生え,植物体は1~5cmの長さで立上がって群生する。茎の下部より鞭枝を出し仮根はない。葉は棒状,基部まで2~3裂し,各裂片におのおのが独立したようにみえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナンジャモンジャゴケ【Takakia lepidozioides Hatt.et Inoue】

日本の北アルプスで最初に発見され,1958年に命名・発表されたナンジャモンジャゴケ科の原始的な苔類(イラスト)。その後,大雪山飯豊山志賀高原北アメリカの北太平洋岸地域ヒマラヤおよびボルネオ(キナバル山)で発見されて,スケールの大きい隔離分布をしていることが明らかになった。高山の岩隙(がんげき)などに群生し,植物体は高さ約1cm,仮根を欠く。葉は基部まで2~3裂し,各裂片は棒状。造卵器は茎の表面に裸出,単生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンジャモンジャゴケ
なんじゃもんじゃごけ
[学]Takakia lepidozioides Hatt. et Inoue

コケ植物ナンジャモンジャゴケ科の代表的な種。1956年(昭和31)、日本の白馬岳(しろうまだけ)で初めて発見された。当初は、コケ植物かシダ植物の特殊なものか、あるいは緑藻類なのかがはっきりしなく、えたいのわからない植物という意味でこの名がつけられた。その後、北海道大雪(たいせつ)山、山形県飯豊(いいで)山などからの報告に加えて、ヒマラヤ、ボルネオ島、中国、アリューシャン列島、カナダ西海岸(クイーン・シャーロット諸島)などからも発見された。やがてコケ植物特有の造卵器もみつかり、現在ではコケ植物の特殊なものと考えられている。染色体数はn=4で、陸上植物のなかでは最少である。植物体は高さ2~3センチメートル、枝分れは少なく、円柱状の茎をもつ。葉は茎と同じく棒状で、2~3裂し、螺旋(らせん)状に茎に配列する。仮根はない。造卵器のみは知られているが、造精器、胞子体はまだ知られていない。
 ナンジャモンジャゴケによく似た種類に、ヒマラヤとアリューシャン列島からみつかっているヒマラヤナンジャモンジャゴケT. ceratophyllaがある。これは、葉の組織がナンジャモンジャゴケよりもすこし厚く、染色体数はn=5である。現在までのところ、ナンジャモンジャゴケ科には、前述の種とこの種だけが知られているにすぎない。なお、ナンジャモンジャゴケ科とコマチゴケ科とは近縁関係にあるとする学者もいる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナンジャモンジャゴケの関連情報