コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンダ ナンダNanda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンダ
Nanda

前5世紀頃のインドの僧。釈尊の異母弟。難陀と音写される。釈尊の誕生ののち,釈尊の実母マーヤー夫人は亡くなり,父スッドーダナはマーヤー夫人の妹であるマハー・パジャーパティーと結婚し,その間に生れたのがナンダである。端麗な美男子として聞え,釈尊に教導されて出家するが,それを題材としたアシュバゴーシャ (→馬鳴〈めみょう〉) の著わした詩篇『端正なるナンダ』 Saundaranada-kāvyaは文学的にすぐれたサンスクリット語の作品として有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナンダの関連情報