ナンバンギセル

百科事典マイペディアの解説

ナンバンギセル

オモイグサとも。ハマウツボ科の一年生の寄生植物で,ススキなどの根に寄生する。葉緑体を持たない。日本全土,東南アジアに分布。葉は鱗片状に退化する。秋,高さ15cm内外の花茎を出し,頂に淡紅紫色で筒の長い花を横向きに1個つける。萼は舟形となり花筒の基部を包む。長い柄の先につく花のようすがパイプ(南蛮煙管)を思わせるのでこの名がある。
→関連項目寄生植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンバンギセル
なんばんぎせる / 南蛮煙管
[学]Aeginetia indica L.

ハマウツボ科の一年草。オモイグサ思草)ともいう。ススキのほかチガヤ、サトウキビ、ミョウガなどに寄生する。茎は短く地下にあり、花柄は高さ15~30センチメートル。8~9月、淡紅紫色で筒形の花を1個横向きまたは下向きに開く。花冠は長さ約3センチメートルで先端は5裂し、裂片の縁(へり)は全縁である。萼(がく)は舟形で、先は鋭くとがる。果実は卵形、多数の小さな種子があり、寄主の根に付着して発芽する。丘陵から山地のススキ草原、畑、ときに疎林の中に生え、日本全土、および中国、東南アジア、インドに広く分布する。名は、花柄から横向きにつく花の形が西洋の喫煙パイプに似ることからついた。「思草」は『万葉集』にも詠まれ、花がうなだれて咲き、その形が物思いげにみえることによる。
 ナンバンギセル属は、花柄は長く、花は1個頂生し、萼は鞘(さや)状で下側が深く裂ける。アジアの温帯から熱帯に3、4種、日本に2種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例