コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーブルス ナーブルス Nābulus

4件 の用語解説(ナーブルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーブルス
ナーブルス
Nābulus

中部パレスチナヨルダン川西岸の都市。エルサレムの北約 50kmの肥沃な渓谷に位置する。 1950年からヨルダン領で,ナーブルス県の県都であったが,67年以降イスラエルの占領下にある。小高い丘の中腹にある新市街は高級住宅街,その下手の旧市街には市場,モスク,役所などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナーブルス(Nablus)

パレスチナ地方の都市。エルサレムの北西約50キロメートルに位置する。イスラエル北王朝の最初の首都シェケム(シケム)が置かれた。現名称は古代ローマ時代の名称フラウィアネアポリスに由来する。第二次大戦後はヨルダン領だったが、第三次中東戦争以降イスラエル領となり、1995年にパレスチナ自治政府の統治下となった。ナブルス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナーブルス

パレスティナの〈ヨルダン川西岸地区〉の都市。エルサレムの北西約50km,パレスティナ中部山地にある。古くネアポリスと呼ばれ,都市の位置する渓谷は水も豊富で農業に適している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナーブルス【Nāblus】

パレスティナのヨルダン川西岸地区の都市。人口8万(1984)。町の起源は,カナン人の町シケムにさかのぼることができる。10~13世紀のムスリムの地理書には,パレスティナの水利に恵まれた町として記されている。1948年以後ヨルダン領となるが,67年の第3次中東戦争後はイスラエルに占領された。95年に自治拡大協定が結ばれ,パレスティナ自治政府による自治が始まった。オリーブ栽培の中心地で,オリーブ油,セッケン,マッチなどの生産が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナーブルスの関連キーワードザルカパレスチナ難民パレスチナの人口動態イェリコパレスチナ自治政府パレスティナパレスティナ解放機構パレスティナ戦争《パレスティナの殉教者たち》ヨルダン川西岸地域

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナーブルスの関連情報