コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニアメ ニアメNiamey

百科事典マイペディアの解説

ニアメ

ニジェールの首都。同国西端部,ニジェール川左岸にあり,ラッカセイ,綿花,畜産物,鉱産物などの取引の中心。官吏養成のための大学(1963年創立),空港がある。1926年フランス領ニジェールの主都。
→関連項目ニジェール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ニアメ【Niamey】

ニジェール共和国の首都。同国の南西端部、ニジェール川中流の東岸に臨む河港都市。落花生・トウモロコシの集散地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニアメ
にあめ
Niamey

西アフリカの内陸国ニジェールの南西端にある同国の首都。人口73万10001999)。20世紀初めフランス植民地支配の地域拠点となり発展した。独立後も、国の政治、経済、文化、交通の中心として人口集中が続いている。市街地はニジェール川左岸に広がり、上流側に大統領府外国公館、高級住宅、下流側に市場、商店、銀行、ホテル、博物館や工場がある。郊外にはこの国唯一の国際空港がある。雨期は夏で、冬は乾燥しやや涼しい。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニアメの関連情報