コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニカラグア湖 ニカラグアこLago de Nicaragua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニカラグア湖
ニカラグアこ
Lago de Nicaragua

ニカラグア南西部にある湖。中央アメリカ最大の湖で,面積 8157km2。西は幅約 20kmのリバス地峡を挟んで太平洋に相対し,南はコスタリカとの国境に沿う楕円形の湖で,周囲 450km,長さ約 180km,最大幅約 80km。湖面標高 29m。最大水深 70m。周辺から 40以上の川が流入し,北西端に注ぐティピタパ川によって北西のマナグア湖と結ばれ,南東端から流出するサンフアン川によってカリブ海と連絡する。マナグア湖とともに,元は太平洋に続く湾の一部であったが,火山の噴火の結果,内陸湖になったといわれる。今日では淡水湖となっており,陸封されたサメやメカジキなどが生息することで知られる。湖中には大小 400以上の島があり,中部南西岸寄りにある最大のオメテペ島は,コンセプシオン火山(1610m),マデラ火山(1394m)の二つの山塊からなる。沿岸主要都市は北西岸のグラナダ。1850~70年,アメリカ合衆国の西部へ移住する人々が,サンフアン川を経てニカラグア湖を渡り,太平洋岸のサンフアンデルスルからカリフォルニアへ向かった。早くから大西洋と太平洋を結ぶ運河の候補地の一つとして,サンフアン川からニカラグア湖を経てリバス地峡を開削する計画があり,1914年のパナマ運河開通後は第2パナマ運河の候補地ともなったが,1970年のブライアン=チャモロ条約の破棄により,アメリカはこの計画を断念した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニカラグア‐こ【ニカラグア湖】

ニカラグア南西部にある、中央アメリカ最大の湖。面積8029平方キロメートル。水深70メートル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニカラグア湖
にからぐあこ
Lago de Nicaragua

中央アメリカ、ニカラグア南西部にある中央アメリカ最大の淡水湖。面積8029平方キロメートル。北西のマナグア湖と同じく断層によって形成され、湖上にはコンセプシオン火山のそびえるオメテペ島をはじめ大小500の島がある。北西岸にマナグア湖と結ぶティピタパ川が流入し、南東岸からサン・フアン川が流出してカリブ海に注ぐ。18世紀以来、太平洋とカリブ海を結ぶ運河の有力な候補地であった。湖岸は同国の農牧業中心地域で、人口も稠密(ちゅうみつ)である。北西岸に古都グラナダがある。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニカラグア湖の関連キーワードグラナダ(ニカラグア)サンフアンデルノルテマナグア[湖]サンカルロスノコギリエイフイガルパサメ(鮫)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android