コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガナ

デジタル大辞泉プラスの解説

ニガナ

沖縄県に自生するキク科の植物。自家栽培もある。琉球王朝期から薬草として滋養食に用いられてきた。和名は「細葉わだん」。当地の方言では「ンジャナ」という。白和えや、汁物の具などにして食する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニガナ

キク科の多年草。日本全土,東アジアの温〜亜熱帯に分布し,山野にはえる。ちぎると白汁を出す。茎は上部が枝分れし,高さ40〜70cm。根出葉は柄が長く,茎葉基部が茎を抱く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニガナ
にがな / 苦菜
[学]Ixeris dentata Nakai

キク科の多年草。茎は細く、高さ約30センチメートル。切ると乳液が出る。葉は倒披針(とうひしん)形で不規則に羽裂し、縁(へり)に歯牙(しが)がある。茎葉は耳状に茎を抱く。4~7月、径約1.5センチメートルとやや小さな黄色ときに白色の頭花を多数つける。頭花は5~7個の舌状花のみからなる。痩果(そうか)は汚白色の冠毛があり、風で散布する。人里の道端や低山に普通に生え、日本全土および朝鮮半島、中国に分布する。名は、かむと苦味があるのでいう。本種は変異に富み、多くの亜種、変種がある。小花数が7~11個のものをハナニガナ(オオバナニガナ)、その白色花品をシロバナニガナという。また、タカネニガナは高山の岩場に生え、高さ約10センチメートル。やや大きな頭花をつけ、茎葉は茎を抱かない。ニガナ属は東アジアの固有属で約20種あり、日本にはハマニガナ、ジシバリ、カワラニガナなど10種分布する。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニガナの関連キーワードタカネニガナ(高嶺苦菜)ジシバリ(地縛)ニガナ(苦菜)ウスベニニガナムラサキニガナアキノノゲシフクオウソウタカネニガナタカサゴソウ都波比良久佐ヤマニガナカタナンケハマニガナカタナンセ海岸植物帰化植物チコリーカカリアジシバリ絵筆菊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android