コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシキギ(錦木) ニシキギEuonymus alatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニシキギ(錦木)
ニシキギ
Euonymus alatus

ニシキギ科の落葉低木。アジア東部の温帯に広く分布し,日本各地の山野に自生する。枝は初め緑色で,のちに著しいコルク質の翼が2~4列出る。葉は対生し,長さ4~6cmの楕円形ないし倒卵形,縁に鈍鋸歯がある。5~6月に,新枝の葉腋に葉より短い枝を伸ばし,淡黄緑色の小さな4弁花をつける。花弁は円形で,花の直径6~7mmである。果実は長さ約 8mmの楕円形で色は暗紫色,露出する種子は黄赤色の仮種皮に包まれて美しい。秋の紅葉と果実を観賞するため,庭木として栽植される。なお,枝に翼が出ないものをコマユミと呼んでいる。近縁のものにマユミ,ツリバナ,マサキ,ツルマサキサワダツなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニシキギ(錦木)の関連キーワードニシキギ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android