コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワウメ(庭梅) ニワウメPrunus japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニワウメ(庭梅)
ニワウメ
Prunus japonica

バラ科の落葉低木で,コウメともいう。中国原産で観賞用として庭などで栽植されている。樹高 2mほどでよく分枝する。葉は長さ3~6cmの卵状披針形で短柄があり,先端は鋭尖頭で縁に細かい重鋸歯がある。表面は無毛であるが裏面の脈上に毛がまばらに生える。春,新葉の出る前かまたは同時に,枝上に淡紅または白色の小花を,単生または2~3個ずつつける。花は短い柄をもち,萼片花弁とも5枚。果実は球形核果で赤く熟し食べられる。核は漢方薬とされる。ユスラウメ (梅桃) に似ているが,葉にはほとんど毛がないことと,花に柄があることで区別できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android