コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワウメ(庭梅) ニワウメPrunus japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニワウメ(庭梅)
ニワウメ
Prunus japonica

バラ科の落葉低木で,コウメともいう。中国原産で観賞用として庭などで栽植されている。樹高 2mほどでよく分枝する。葉は長さ3~6cmの卵状披針形で短柄があり,先端は鋭尖頭で縁に細かい重鋸歯がある。表面は無毛であるが裏面の脈上に毛がまばらに生える。春,新葉の出る前かまたは同時に,枝上に淡紅または白色の小花を,単生または2~3個ずつつける。花は短い柄をもち,萼片花弁とも5枚。果実は球形核果で赤く熟し食べられる。核は漢方薬とされる。ユスラウメ (梅桃) に似ているが,葉にはほとんど毛がないことと,花に柄があることで区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android