ニワトコ(英語表記)Sambucus sieboldiana; elder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニワトコ
Sambucus sieboldiana; elder

スイカズラ科の落葉低木。アジア東部の温帯に広く分布する。本州,四国,九州の山野に自生し,庭木としても植えられる。枝は軟らかくて太い髄 (ピス) があり,この髄を顕微鏡観察の切片をつくる際に利用するので有名である。葉は対生し,5~7片の小葉から成る奇数羽状複葉。3~4月に,枝端に円錐花序をなし,淡黄白色の小花を多数開く。果実球形または楕円形の液果で,6~7月に赤く熟して美しい。材を接骨木と称し,煎じ液は骨折,打撲症に用い,葉は利尿剤になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニワトコ

スイカズラ科の落葉低木。本州〜九州,朝鮮の山野にはえる。枝には柔らかく太い髄がある。葉は対生し,長楕円形の小葉2〜5対からなる奇数羽状複葉。3〜4月,若枝の先に散房花序を出し,径3〜5mmで淡黄白色の花を多数開く。果実は球形で6〜7月,赤熟。材は細工物などとする。北海道,本州北部に分布する亜種エゾニワトコは花や果実がやや大きく,花序に毛状突起がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニワトコ【elder】

山野のやや湿ったところに生えるスイカズラ科の落葉低木(イラスト)。庭木として植えられたり,切花にされる。高さ3~6m,枝には太く柔らかい髄がある。葉は羽状複葉で小葉は5~7枚。花は枝の先に多数集まって円錐状となり,長さ幅とも3~6cm,4~5月に咲く。萼裂片は著しく退化し,花冠は淡黄色,5裂し,そり返る。子房は下位で3室,各室に1胚珠が下垂する。液果は夏に赤く熟し,鳥が食べる。日本,朝鮮,中国に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニワトコ
にわとこ / 接骨木
[学]Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) Hara

スイカズラ科の落葉低木。高さ2~6メートル。葉は羽状複葉。3~5月、円錐(えんすい)花序をつくり、5数性の小花を多数集めて開く。花冠は淡黄色、裂片は反り返る。子房は下位で3室。果実は球形、9~10月、赤色に熟す。本州から九州、および朝鮮半島に分布し、北海道には花序の粒状突起が長い変種エゾニワトコがある。庭木として植えられ、早春の切り花とする。葉は発汗、利尿に効果があり、民間薬とする。髄は顕微鏡観察用の切片をつくるのに用いる。
 ニワトコ属は北半球、アフリカ北部、東南アジア、オーストラリア東部、ニュージーランド、南アメリカに約20種分布する。セイヨウニワトコS. nigra L.はヨーロッパに産し、花を薬用とし、果実でワインをつくる。[福岡誠行]

文化史

古くはヤマタヅとかミヤツコギ(造木)とよばれた。『万葉集』の「君が行き日(け)長くなりぬやまたづの迎へを往(ゆ)かむ待つには待たじ」(巻2.90)の注釈に「ここにやまたづといふは、これ今の造木(みやつこぎ)をいふ」と載る。ニワトコは葉が対生するので、相対する迎えに懸けられている。接骨木は中国名で、打撲症や骨折にその濃い煎汁(せんじゅう)を湿布に用いたことにちなむ。プリニウスの『博物誌』(1世紀)によると、古代のローマではそのねばねばした黒い実を毛染めに使った。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニワトコの関連情報